シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田将生にインタビュー!「倍賞さんは優しくて愛しい女性」と告白!?

岡田将生にインタビュー!「倍賞さんは優しくて愛しい女性」と告白!?
倍賞さんに心を開いちゃいました!-岡田将生

 昨年末から映画『魔法遣いに大切なこと』『ハルフウェイ』など出演作が立て続けに公開され、現在公開中の映画『ホノカアボーイ』に主演している岡田将生に話を聞いた。

 映画界の大先輩である倍賞千恵子との共演は「身をまかせるといったらいいのか、胸をかりるような気持ちで臨んだ」そうだ。「僕にとって倍賞さんはビーさんそのままに優しくて愛しい女性。現場でも常に役の関係でいましたね。最後のほうは本当に心を開いていました」と振り返った。お気に入りのビーさんのシーンは、二人が初めて出会う場面だという。「クランクインして間もないときに撮ったので二人のちょっとぎこちないような、初々しさが画面からにじみ出ていて、とても好きですね」と教えてくれた。

 初主演という大役を果たした今、自分で点数をつけるとすると何点かと質問したところ「気持ち的には100点です。毎回自分の演技を見て、ああ失敗したって思うところはいっぱいあります。でも、それがそのときの自分の演技だし、それをすべて含めて100点と言えるようにしたい」と演技に対しての真摯(しんし)な思いを語ってくれた。

 余談だが本作には、ファンにとってうれし恥ずかしドッキリ(!?)な場面がある。それは、海で泳ぐ岡田演じるレオの着替えシーンで、バッチリと美しいお尻が映されていることだ。それについて聞くと「あれは最初から台本にあったんですけど、レオがホノカアに来てまだ間もなくて、日に焼けてないっていうのを見せるためのシーンです」とちょっと苦笑いしながら答えてくれた。こうした撮影はストーリーに沿って順番に撮るわけではなく、滞在中も日焼けしないように注意していたそうで、美しい海で思う存分泳ぐことはできなかったのだそうだ。

 本作は、引いた視点で淡々とホノカアの人々の日常生活を追う。ハワイの自然の美しさ、生まれた場所を離れて異国で暮らす一人の青年、心を込めて作る食事の大切さ、そこに人間の生死がさりげなく織り込まれる。「でも重苦しくはなくて、コメディータッチの部分があったりして全体的にポップな感じですよね。日常の中の何かかわいらしいところというのか、そんなところがとてもすてきに描かれている映画です」と作品の魅力を語ってくれた。

映画『ホノカアボーイ』は全国東宝系にて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 17日
  5. 岡田将生にインタビュー!「倍賞さんは優しくて愛しい女性」と告白!?