シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

天国へ届け!伊藤淳史、声を震わせ亡き弟への思いを…祈りのパンク魂を炸裂!

天国へ届け!伊藤淳史、声を震わせ亡き弟への思いを…祈りのパンク魂を炸裂!
気丈にステージを務める伊藤淳史

 9日、渋谷O-Eastで映画『フィッシュストーリー』のプレミア試写イベントが開催され、主演の多部未華子、濱田岳、中村義洋監督がトークショーを行ったほか、劇中に登場するパンクバンド、逆鱗(伊藤淳史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)がライブを披露した。

 この日は、伊藤の実弟で俳優の伊藤隆大さんが急死するという悲しいニュースが報じられ、逆鱗のライブを楽しみにしていたファンからも「本当に伊藤淳史が登場するのか」と心配する声も上がっていたが、伊藤はライブが始まるといつも以上に力のこもったベースプレーを披露。バンドリーダーとして曲間のMCを笑顔で務め、笑いを巻き起こすなど、ファンや逆鱗メンバーたちを大いに盛り上げた。また、逆鱗としてライブを披露するのも現時点では、今回が最後になるとあって、ほかのメンバーたちも全力で3曲の演奏に打ち込んだ。

 しかし最後の曲「FISH STORY」を演奏する前、亡き弟への思いがこみ上げたのか、伊藤は「あのー、完全に個人的なことですけど、皆さんに本当いろいろとご心配をおかけしまして……」と声を震わせながらあいさつ。「今日ここに来てくださった方々に僕たちの思いを伝えたいし、これから映画を観てくれる方にも思いを伝えたいし、これから生まれてくる人たち、そして天国にいる人にも伝われば……」と語り、一つの曲が世界をつないでいくという作品のテーマとダブらせながら、祈りのメッセージを愛する弟に捧げていた。そのあまりに気丈な伊藤の姿に、ファンも圧倒されたのか会場はシーンと静まり返り、伊藤の心の痛みを共有していた。

 『フィッシュストーリー』は1975年、早過ぎたデビューを飾ったパンクバンド“逆鱗”がリリースした楽曲「FISH STORY」がめぐりめぐって、2012年の地球滅亡を救うという予想不可能な青春ストーリー。原作・伊坂幸太郎、監督・中村義洋という『アヒルと鴨とコインロッカー』コンビが再タッグを組んだ超話題作だ。

映画『フィッシュストーリー』は3月20日より渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 届け天国の弟へ! 『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗 from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2009年3月11日 0時29分)
    昨日の速報の通り、映画『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗へ行ってきた。映画の上映後に、監督・キャストによる舞台挨拶と、映画から飛び出しデビューしたバンド“逆鱗”の一夜限りの生演奏が行われた。会場はSHIBUYA O-... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 10日
  5. 天国へ届け!伊藤淳史、声を震わせ亡き弟への思いを…祈りのパンク魂を炸裂!