シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

日本を代表するハリウッド女優になった田村英里子の今後は?

日本を代表するハリウッド女優になった田村英里子の今後は?
続々と話題作に出演している田村英里子。

 絶賛公開中の映画『DRAGONBALL EVOLUTION』に出演した田村英里子が、超大作に出演できたことの感想やその反響、そして今後の目標などを語った。 さらに、現在アメリカを拠点に活動し、本作のほかにも大ヒットテレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」など、話題作に立て続けに出演している彼女のかなえたい願いについても教えてくれた。

 田村が演じたのは主人公・悟空の宿敵ピッコロ大魔王をサポートするマイ役。ピッコロ大魔王に忠実に従い、彼の期待を裏切らないよう仕事を遂行する女性だが「異星人で殺人をいとわないキャラクターを演じたことがなかったので、とても難しかったです」と素直な感想を明かした。監督のジェームズ・ウォンは、映画『マトリックス』シリーズのトリニティがマイのイメージだったそうで、田村はドラゴンボールを求めて手段を選ばず暗躍するマイをクールに演じてみせた。

 またマイのようなセクシーなキャラクターを演じることはハリウッド女優たちのあこがれだそうで、それを日本人の田村が演じることが相当なプレッシャーだったそうだが、その理由について「『トゥームレイダー』でアンジェリーナ・ジョリーが演じたようなキャラをアメリカでは“キックアス(Kick-Ass)キャラクター”と言いますが、女優たちの憧れの的で日本とは正反対のキャラクターが人気なんです」と教えてくれた。出演決定後、女優仲間から羨望(せんぼう)のまなざしで見られ、その期待に応えるためにも田村はマイを演じ切った。

 女優としての活動は「HEROES/ヒーローズ」に続いて今回の『DRAGONBALL EVOLUTION』、そして現在アメリカで放送中のテレビシリーズ「Reaper」に出演中で絶好調に見えるが「世界中から俳優が集まってくることを知らずに渡米して、ここまでくるのに時間がかかりました。本当に運も良かったとしかいいようがないんです。女優として活躍するのはこれからです」と感慨深く語った。ちなみにドラゴンボールが実在したら、7つ集めて「スピルバーグの映画に出たい(笑)」とお願いするとか。日本を代表する女優としての今後の活躍にも注目していきたい。

映画『DRAGONBALL EVOLUTION』はTOHOシネマズ 日劇ほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • DRAGONBALL EVOLUTION from 風我 (2009年4月4日 23時14分)
    伝説は、 現実のものとなる。 原作 鳥山明。漫画単行本1億5000万部発行、アニメ11年間500話以上放送の大ヒット作を元に、ジェームズ・ウォン監督で実写映画化。 遠い昔、宇宙の彼方より飛来したピッコロ大魔王は、弟子の大猿と共に人類を滅亡寸前へと追い込んだ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 2日
  5. 日本を代表するハリウッド女優になった田村英里子の今後は?