シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ホアキン・フェニックスの乱闘騒ぎはヤラセ?グウィネス・パルトローも疑いの目

ホアキン・フェニックスの乱闘騒ぎはヤラセ?グウィネス・パルトローも疑いの目
ラップ中のホアキン! - Photo:アフロ

 ホアキン・フェニックスがマイアミのクラブで観客に殴りかかった事件は、ヤラセだったと報じられている。

 俳優からラッパーへのホアキンの転身も実は大規模なヤラセだと言われており、今回の事件もその一部ではないかと疑われているようだ。ホアキンのラッパーとしての活動は、ケイシー・アフレックがドキュメンタリーとして発表するため撮影されており、今回のケンカ騒ぎもすべて録画されていたらしい。ケイシーはホアキンの妹サマー・フェニックスの夫で、ホアキンの義弟にあたる。

 映画『ツー・ラバーズ』(原題)で共演したグウィネス・パルトローも、ホアキンのラッパー転身は奇妙だと思っているらしい。「100パーセントの確信は持てないわ。何かほかの考えがあるんじゃないかしら。ラッパーになるために永遠に俳優を辞めるなんて信じられない。奇妙よ」とMTVにコメントしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 16日
  5. ホアキン・フェニックスの乱闘騒ぎはヤラセ?グウィネス・パルトローも疑いの目