シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

叶恭子、盗難パンティに「洗っていません、どういう用途でお使いに?」

叶恭子、盗難パンティに「洗っていません、どういう用途でお使いに?」
パンティ事件にオカンムリの叶恭子(右)と美香

 タレント、叶恭子が“愛の日常”をつづったベストセラーエッセイ「トリオリズム」が原作の映画『イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ』が9日、初日を迎え、恭子とタレントの叶美香が東京・新宿バルト9で舞台あいさつを行った。

 イケメンにエスコートされて登壇した叶姉妹。本作では、美しいイタリアの田舎町を舞台に、美女の自由で大胆な生き様を描き、主演の恭子がフルヌードも披露しているが、美香いわく「これは姉のドキュメンタリーのようなもの」とのこと。「今回のわたしの役割は、姉をいかに気持ち良く現場に行かせるか、ということでした。映画の中で男性たちと“そういうこと”になっていますが、休憩時間もお部屋にこもって何やらいろいろとありまして……」とセクシー秘話を暴露。「最後の女性の絡みのシーンで、ベッドに置かれたゴージャスなファーは、わたしの私物です。シーツだと殺風景だということで、姉に突然、『美香さん、そのファー脱いで』と言われて、その上で延々とラブシーンをやって……わたしの一番のお気に入りのファーなので、今はクリーニングに出しております」と複雑そうな笑顔をみせた。

 同所では現在、撮影で使用したランジェリーや小物を公開にあわせて展示する「叶恭子PRESENTS SPECIAL POWDER ROOM」を開催中。だが恭子は、着用した黒のブラ、パンティー、ガーターの3点セットのうち、パンティーだけが盗まれる事件が8日に発生したことを同日、自身のブログで公表。取材陣に「全部、撮影で使用したものです。洗ってもいませんし……どういう用途でお使いになるのかしら? パンティーの1枚や2枚どうでもいいんですけど、皆さんに楽しんでいただこうと思っていた計画が、できなくなってしまったのがつらいです」と残念そうに語っていた。

 同作は、イタリアを舞台に、敬虔(けいけん)なクリスチャンの祖母に育てられた少女がなまめかしいファム・ファタールと出会い、運命を変えていく官能ドラマ。

映画『イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 11日
  5. 叶恭子、盗難パンティに「洗っていません、どういう用途でお使いに?」