シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ヱヴァ:破』初日起動で猛ダッシュ!! 『ROOKIES -卒業-』をロックオン!?

『ヱヴァ:破』初日起動で猛ダッシュ!! 『ROOKIES -卒業-』をロックオン!?
人気ヒロイン、綾波レイのコスプレにファンは大喜び

 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(庵野秀明総監督)が27日、全国約120スクリーンで公開され、フィーバーする上映劇場が続出した。

 都内メイン上映館の一つである新宿ミラノ(新宿歌舞伎町)には、何と公開前日の26日朝から熱心なファンが列を作り、27日午前8時の初回上映前に、約800人が集結。前作の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』から約2年を経て、ついにベールを脱いだ新作をいち早く観ようとする熱気を充満させた。近くの新宿歌舞伎町コマ劇場前広場シネシティでは、「第3新歌舞伎町宣言」と題した公開記念イベントも開催され、多数のコスプレーヤーが自慢のコスプレを競い合った。

 今作で初登場する新ヒロイン、真希波・マリ・イラストリアスのコスプレをいち早く披露した女性は、午前中に映画を鑑賞したそうで「言葉にできない感動だった」と興奮しきり。都内から来た高校生のグループも「待ったかいがあった」「アスカ(式波・アスカ・ラングレー)の登場に感激した」などと熱っぽく語り合っていた。

 本作は、大人気テレビアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年から1996年放送)をリビルド(再構築)した、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4部作の第2部。2007年に公開された前作は、約80スクリーンでの公開ながら興行収入20憶円の大ヒットを飛ばした。今回、約1.5倍のスクリーン数で公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が、どこまで記録を伸ばすか注目を集めている。 週明けに発表される興行成績ランキングでは、スクリーン数に不利がありながらも、ヒット中の『ROOKIES -卒業-』(約400スクリーン)や同日公開の世界的ヒット作の続編映画『トランスフォーマー/リベンジ』(約300スクリーン)を射程圏内に“ロックオン”し、初登場第1位に輝く可能性もありそうだ。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 27日
  5. 『ヱヴァ:破』初日起動で猛ダッシュ!! 『ROOKIES -卒業-』をロックオン!?