シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

下品すぎ!ウクライナで上映禁止に!サシャ・バロン・コーエンの『ブルーノ』

下品すぎ!ウクライナで上映禁止に!サシャ・バロン・コーエンの『ブルーノ』
トラブルばかりでイヤだわ~! サシャ・バロン・コーエン - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 サシャ・バロン・コーエンの新作コメディー映画『ブルーノ』が、ウクライナで上映禁止となりそうだ。ウクライナの文化観光省は、『ブルーノ』の中に登場するシーンの中で、ブルーノが自分のペニスを見せ付ける場面やゲイ・パレードの場面など、保守的で信仰の厚い市民層から反感を買うと考えているよう。

 ガーディアン紙(電子版)によると、あるウクライナの外交官は自分の国について「ウクライナ社会は保守的だ。ゲイやセックスの話題は上らない。ウクライナ西部は特に、家族の問題については保守的で、カトリックやギリシャ正教を厚く信仰している」と語っている。ウクライナではサシャの前作『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』も上映禁止となっており、アメリカでは興行収入が全米ナンバーワンに輝いた本作も、東欧ではサシャの笑いのセンスが通じないようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 17日
  5. 下品すぎ!ウクライナで上映禁止に!サシャ・バロン・コーエンの『ブルーノ』