シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

唐沢寿明の暴走もこれが見納め?20世紀少年メンバー大盛り上がり!!

唐沢寿明の暴走もこれが見納め?20世紀少年メンバー大盛り上がり!!
ともだちは誰?

 28日、東京国際フォーラムにて、映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』の完成披露試写会が行われ、出演者の唐沢寿明、常盤貴子、豊川悦司、香川照之、平愛梨、石塚英彦、宮迫博之、山寺宏一、佐野史郎のほか、原作者で脚本も手掛けた浦沢直樹、企画と脚本を務めた長崎尚志が登壇した。

 これまでもパリのルーヴル美術館で記者会見を開いたり、大阪の万博記念公園で花火を打ち上げたりと、シリーズ作が封切られる前に毎回ド派手なプロモーションを行っている同作。最終章となる今回も、おなじみのメロディーに乗ってキャストたちが大階段から現れると、巨大な飛行船が2機舞い上がるという期待通りの豪華演出で、会場は冒頭から一気に盛り上がった。

 長期のプロモーション活動をこなしてきた主要キャストの男性陣はリラックスムードで、コメントもジョークを連発。唐沢は開口一番「こんばんは、ジョンソン綿棒(?)です」と謎のあいさつをしたかと思うと、頭上の飛行船を指さして「ちょっとこれ、じゃまなんですよねえ」とひょうひょうとした態度。すると隣の豊川は「唐沢さんの後にあいさつするのもこれが最後かと思うと、やっと気持ちが楽になる気がします(笑)」と苦笑しながらポツリ。さらに石ちゃんこと石塚も「皆さんこんばんは、東方神起です。第三章では、飛行船の役に挑戦致しました」とボケてみせるなど、それぞれが競い合うように面白トークを繰り広げて観客を笑わせ続けていた。

 『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』は、累計発行部数2,800万部を超えるベストセラーコミックを3部作に分けて映画化したSFサスペンスの最終章。原作者の浦沢自身が脚本を手掛け、原作と異なる展開とラストシーンが用意されている。

映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』は8月29日より全国東宝系にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 唐沢寿明の暴走もこれが見納め?20世紀少年メンバー大盛り上がり!!