シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『BALLAD』山崎貴監督を直撃!草なぎ剛と新垣結衣の素顔を明かす?

『BALLAD』山崎貴監督を直撃!草なぎ剛と新垣結衣の素顔を明かす?
草なぎと新垣の新たな魅力を引き出した山崎貴監督。

 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』で、時代劇に初チャレンジした山崎貴監督が、主演を務めた草なぎ剛と新垣結衣について語ってくれた。本作で草なぎは“鬼の井尻”と恐れられている小国の侍、井尻又兵衛(いじりまたべえ)を熱演し、新垣は小国の姫君・廉姫(れんひめ)をかれんに演じた。

 戦国時代の乱世を勇ましく生き抜く侍という役どころを、温厚な印象が強い草なぎが演じるのは違和感があるかもしれない。しかし山崎監督は「絶対イケる」と確信があったそうで、「草なぎくんの過去の演技を観てきて、一番魅力を感じていたのは、いざというときに見せる強さや怖さ。そういう瞬間が、戦乱を生きる鬼の井尻には絶対に必要でした」と今回のキャスティングを語る。本作で草なぎは、やりによる立ち回りも披露。無茶な要求にも100パーセント応えてくれる俳優としての才能に、改めて驚かされた山崎監督は、「でも普段はポヤ~ンとしていますよ。飾り気もなく気さく過ぎるくらいでした」と草なぎの素顔を明かしてくれた。

 一方、新垣に関しては「今、これほど姫が似合う女優さんはいないですよ」とその存在感を手放しで絶賛。着物をまとった新垣が撮影現場に現れると、スタッフ全員、「ははー」とひれ伏していたと語る。そんな新垣に対して、山崎監督が求めたのはツンデレな感覚だったそうで、「姫は又兵衛に対する恋心を隠そうと、最初はツンツンしている。さらに当時の女性、しかも小国の姫君となれば、幼いころから感情を表に出すのははしたないと教育されている。でも、やっぱり恋心は隠し切れず、最後に爆発するんです」と廉姫の繊細(せんさい)な心情について語る。「すべてが戦(いくさ)だった」と初の時代劇チャレンジを振り返る山崎監督にとっては、草なぎ、新垣二人の新たな魅力を引き出す演出もまた大きな挑戦だったようだ。

 『BALLAD 名もなき恋のうた』は戦国時代を舞台に、小国の戦国武将(草なぎ)と美しい姫(新垣)の恋物語を軸に、その時代にタイムスリップしてしまった少年(武井証)と、その家族(夏川結衣、筒井道隆)との心の交流を交えた壮大な時代劇ラブストーリー。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は9月5日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 31日
  5. 『BALLAD』山崎貴監督を直撃!草なぎ剛と新垣結衣の素顔を明かす?