シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イ・ビョンホンとチョン・ウソンに直撃インタビュー!撮影中に骨が折れてしまった!

イ・ビョンホンとチョン・ウソンに直撃インタビュー!撮影中に骨が折れてしまった!
闇市のシーンは必見!-イ・ビョンホンとチョン・ウソン

 アジア初の本格ウエスタン映画『グッド・バッド・ウィアード』で体当たりのアクションに挑んだイ・ビョンホンとチョン・ウソンが、撮影中に起きた衝撃の裏話を明かしてくれた。

 CGを使わないリアルなアクションが話題の本作で、映画初共演を果たしたイ・ビョンホンとチョン・ウソン。二人にお互いをリスペクトする部分を聞いてみたところ、ウソンは「役のディテールにまでこだわるビョンホンさんに、改めて尊敬の念を感じました!」と先輩であるビョンホンから大きな刺激を受けた様子。一方のビョンホンも、危険なシーンが一番多かったのに、すべてのアクションを自らやり遂げたウソンを絶賛しつつ、「もっと体をいたわった方がいい」と真剣な表情でアドバイス。実は、撮影中のウソンに大変なアクシデントが起きていたのだ。

 それは、賞金ハンター(チョン・ウソン)、ギャングのボス(イ・ビョンホン)、コソ泥(ソン・ガンホ)という、宝の地図を巡ってバトルを繰り広げる主役の三人が、初めて顔を突き合わす闇市でのシーン。そこでウソンは華麗なロープアクションを披露するのだが、何と彼は撮影時に手首を骨折していたのだ! しかも、本来ならばギプスをしなければならない状態なのに、衣装の袖からギプスが見えてしまうため、何もせずにアクションの撮影を行ったという。そんなウソンの熱演を、「演技に集中しているせいか、自分の体のことなど全然考えていないようだった」と語るビョンホン。なるほど、演技のためなら危険も顧みないウソンを心配するのも無理はない。

 こまやかな表現力で冷酷なギャングを体現したビョンホンと、体を張った演技で賞金ハンターになりきったウソン。彼らは本作への出演を、「まるで宝物を掘り当てたような素晴らしい体験だった」と振り返る。カンヌ映画祭で世界中から絶賛され、韓国ではリピーターが続出したという『グッド・バッド・ウィアード』は、二人が心から誇りに思える作品になったようだ。

映画『グッド・バッド・ウィアード』は新宿バルト9、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 31日
  5. イ・ビョンホンとチョン・ウソンに直撃インタビュー!撮影中に骨が折れてしまった!