シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミーガン・フォックス惨敗!『くもりときどきミートボール』が首位に!-9月22日付【全米ボックスオフィス考】(1/3)

ミーガン・フォックス惨敗!『くもりときどきミートボール』が首位に!-9月22日付
「トップね……」「あいた口がふさがらない……」(映画『くもりときどきミートボール』より)

 トップにならずとも、もう少しいい線行くだろうと20世紀フォックスの期待を担っていた、ミーガン・フォックス初主演のホラー映画『ジェニファーズ・ボディー』(原題)が惨敗し、予想通り映画『くもりときどきミートボール』が全米ボックスオフィスの首位に輝いた。

 ソニー・ピクチャーズの3Dアニメである同作品は3,119館推定4,500スクリーンにて公開されウイークエンドのみで3,030万ドル(約30億3,000万円)をたたき出した。9週間前のディズニー映画『Gフォース』(原題)以来ファミリー映画に飢えていた子どもたちとその親、そして一般映画ファンがこぞって映画館に足を運んだもよう。上映館中1,828館が3D上映を行っており、その内127スクリーンはIMAX上映が行われている。興行収入中、約1,800万ドル(約18億円)が3D上映からの売り上げ、そして240万ドル(約2億4,000万円)がIMAXからの売り上げという統計が発表されている。(1ドル100円計算)

 『くもりときどきミートボール』は、ディズニー3Dアニメ作品で爆発的なヒットを記録した映画『カールじいさんの空飛ぶ家』、そしてドリームワークス3Dアニメ映画『モンスターVSエイリアン』に比べると少々売り上げが劣るものの、映画『ボルト』『ルイスと未来泥棒』に比べるといい売り上げを記録している。ソニー・ピクチャーズが行った観客の調査によると、映画を観に来ていた79パーセントが子どもとその保護者たち、そして残りの21パーセントは12歳以上の普通の映画ファンたちだったという結果が出ている。

 今週の第2位は、初登場のマット・デイモン主演映画『ジ・インフォーマント!』(原題)で2,505館で公開され、1,050万ドル(約10億5,000万円)の売り上げを記録した。自社の陰謀を告発するドジなサラリーマンを描いたこのダーク・コメディーは、映画『オーシャンズ11』でおなじみのスティーヴン・ソダーバーグ監督作品。マットとは旧知の仲だ。ちなみに、配給のワーナー・ブラザーズが行った週末アンケートによると、観に来ていたお客の72パーセントが30歳以上の観客で、男女の割合は約半々だった。

 第3位は、先週のトップから57.9パーセントの売り上げダウンも988万ドル(約9億8,800万円)を記録した『タイラー・ペリーズ・アイ・キャン・ドゥ・バッド・オール・バイ・マイセルフ』(原題)。今週のトップ5は、この作品を除いてすべてが初登場という久々に激動のランキングとなった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 24日
  5. ミーガン・フォックス惨敗!『くもりときどきミートボール』が首位に!-9月22日付