シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

酔っ払ったデヴィッド・ハッセルホフ、助けに来た医者を殴る

酔っ払ったデヴィッド・ハッセルホフ、助けに来た医者を殴る
「医者を殴っちゃった……」デヴィッド・ハッセルホフ

 アルコール中毒で知られるデヴィッド・ハッセルホフが、飲み過ぎを心配して様子を見に来た医者の顔を殴る事件を起こした。

 ロンドンのセント・マーティンス・レーン・ホテルに滞在中のデヴィッドは何日にもわたって酒を飲みまくっていたという。感情的で攻撃的になったデヴィッドを心配した関係者は、デヴィッドをカピオ・ナイチンゲール病院のリハビリ棟に入院させるため、ポール・エットリンガー医師に電話をしたとのこと。しかし、医師がホテルに到着するとデヴィッドは激怒し、暴れ、誤ってエットリンガー医師の額を殴ってしまったらしい。

 「酒を飲んだデヴィッドは感情的で攻撃的になり、とても扱いづらいんです。今回はあまりにも酔っ払ってホテルのベッドで漏らしてしまい、マットレスを2枚ダメにしました。周囲のスタッフも頭を抱えていました。アシスタントのジョー・タウンリーが心配をして医師に電話をしたんです。デヴィッドはそんな彼に激怒して、誤って医師をなぐってしまったというわけです」と友人はイギリスのサン紙に語っている。

 ホテル従業員もデヴィッドの行動を心配し、救急隊が到着するまでデヴィッドを部屋に閉じ込めておいたとのこと。「ホテル側は救急車が到着するまでデヴィッドを地下室に閉じ込めておくしか方法はないと判断したんです」と友人は説明。デヴィッドは1泊1,000ポンド(約14万3,000円)する病院に2日間入院した後、退院。現在はホテルのプライベート・スウィートに宿泊して回復中とのこと。

 「すぐに彼だとわかったよ。彼が入院しにきて、みんな興奮して会いたがっていた。でも看護士たちは彼が静かに療養できるよう気を使って、体にいいからとビタミン剤や鉄剤を取るよう言っていた」と入院患者は語っている。今回の事件のきっかけは、400名が招かれたサイモン・コーウェル(「アメリカン・アイドル」の審査員)の50歳の誕生日パーティーだったとのこと。パーティでのデヴィッドは、あまりにも酔っ払っていたため、裏口から連れ出されてホテルまで送り届けられ、今回の事件につながったらしい。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 酔っ払ったデヴィッド・ハッセルホフ、助けに来た医者を殴る