シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ダ・ヴィンチ・コード』を観た4人に3人が『天使と悪魔』を支持するワケとは?

『ダ・ヴィンチ・コード』を観た4人に3人が『天使と悪魔』を支持するワケとは?
映画『天使と悪魔』より - (C) 2009 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

 今年5月に全世界一斉公開され、大ヒットしたトム・ハンクス主演の映画『天使と悪魔』に対して、前作『ダ・ヴィンチ・コード』を観た4人に3人が「『天使と悪魔』の方が面白い!」と感じていることがアンケート調査で判明した。

 アンケートによると、映画『天使と悪魔』と前作の映画『ダ・ヴィンチ・コード』の両方を観た観客(371人)のうち、74%が『天使と悪魔』のほうが面白いと回答。さらに、『天使と悪魔』そのものへの評価を尋ねると、42.9%が「すごく面白い」、52.8%が「面白い」と回答するという驚異的な高評価がたたき出された。

 なぜ『天使と悪魔』がこれほど面白いと絶賛されるのか? まず挙げられるのは、前作にはなかったスピーディーな展開。ヴァチカン市国を舞台に、主人公のラングドン教授が司祭連続殺人事件の捜査をするだけでなく、次なる事件のタイムリミットが設定されたことでスリルが倍増したほか、ハンクス自身が体を張ったアクションも大きな見どころとなっている。全体的に説明が多く、宗教的な色合いも強かった『ダ・ヴィンチ・コード』に比べて、謎解きエンターテインメントに徹した『天使と悪魔』が観客の支持を集めるのは当然の結果といえるだろう。

 すでにシリーズ第3弾の映画製作も決定しており、ハンクス本人も「オファーがあるなら何度でもラングドン教授を演じたい。足腰が弱くなって、歩けなくなるまでやり続けたいね」とやる気満々。それだけに見逃せないのがシリーズ第2弾『天使と悪魔』だ。ぜひこの機会に、ハンクス演じるラングドン教授と共に手に汗握ってみてはいかがだろうか? なお『天使と悪魔』DVD&ブルーレイの発売を記念して、現在豪華プレゼントが当たる夢のコラボ企画も実施中。

『天使と悪魔』DVD(税込:3,990円)とブルーレイ(税込み:4,980円)は10月28日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより発売


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 21日
  5. 『ダ・ヴィンチ・コード』を観た4人に3人が『天使と悪魔』を支持するワケとは?