シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米第1位の憂うつ!『Disney'sクリスマス・キャロル』が喜べないワケ -11月11日版(1/2)

全米第1位の憂うつ!『Disney'sクリスマス・キャロル』が喜べないワケ -11月11日版
「第1位でも素直に喜べんなあ……」(映画『Disney’sクリスマス・キャロル』より) - (C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 いよいよ映画界のホリデー・シーズンが開幕! 今週の全米興行収入トップの栄冠に輝いたのは、ディズニー3Dアニメ映画『Disney'sクリスマス・キャロル』だった。

 ジム・キャリーが主演でロバート・ゼメキス監督の同作品は、週末興行成績3,005万ドル(約27億450万円)をたたき出したというのに、関係者はどういうわけか浮かぬ顔である。というのも、全米ボックスオフィスが去年の同時期よりも16パーセント低下というニュースに加えて3,683館で封切られた『Disney'sクリスマス・キャロル』は、6,500スクリーンというものすごい数で大型ロードショーが敢行されているのにもかかわらず、思ったように成績が伸びなかったのだ。(1ドル90円計算)

 また、ジムの2000年の作品で、デビュー週末に5,508万ドル(約49億5,720万円)を売り上げた映画『グリンチ』と比べると、製作費が2倍近くかかっている『Disney'sクリスマス・キャロル』のデビュー売り上げ成績は、手放しで喜べない状況にあることがわかる。

 だが、ここでガッカリするのはまだ早い! ゼメキス監督の2004年の映画『ポーラー・エクスプレス』のオープニング成績は、2,330万ドル(約20億9,700万円)という地味な数字に終わったもののその後、感謝祭・クリスマスを通してジワジワと成績を伸ばし続け、結局興行収入が1億ドル(約90億円)の大台に乗ったのだ。最終的には、国内だけで推定1億8,080万ドル(約162億7,200万円)という数字を残しており、『Disney'sクリスマス・キャロル』もホリデー・シーズンを迎えて、本格的なバトルはこれからかもしれないのだ。

 今週の第2位は、先週の第1位からダウンした映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』で1,316万ドル(約11億8,440万円)の売り上げ。今までの勢いからしても、第2位は順当といった感じか。

 第3位は、初登場でユアン・マクレガー、ジョージ・クルーニーの豪華コンビが出演した映画『ザ・メン・フー・ステア・アット・ゴーツ』(原題)の1,271万ドル(約11億4,390万円)。2,443館・2,700スクリーンで公開されたこの作品は、ジョージ主演の映画『バーン・アフター・リーディング』のデビュー成績より多少劣ったものの、同じくジョージ主演映画『かけひきは、恋のはじまり』や、2002年度のジョージ監督映画『コンフェッション』よりは、断然いい成績を残した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽... from soramove (2009年11月27日 7時38分)
    「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人でも聞いたことある クリスマスの童話、 人に優しくしようという、しごく健全な 道徳的なお話、今更とも思ったが ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリスマス先取りしてきました! from マリリンブログ (2009年11月13日 0時46分)
    映画『Disney's クリスマス・キャロル 』の公開を記念して開催された 「クリスマス・キャロル」熱唱ジャパン・プレミアに招待していただき、 六本木ヒルズアリーナに行ってきました! 皆さんは、「クリスマスキャロル」というストーリーをご存知ですか? 約150年前にイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 11日
  5. 全米第1位の憂うつ!『Disney'sクリスマス・キャロル』が喜べないワケ -11月11日版