シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サラ・ジェシカ・パーカーの代理母の家に不法侵入した警察署長「ドアが開いてたから」と説明

サラ・ジェシカ・パーカーの代理母の家に不法侵入した警察署長「ドアが開いてたから」と説明
サラ・ジェシカ・パーカー

 タブロイド誌に売る情報を得るため、サラ・ジェシカ・パーカーとマシュー・ブロデリックの代理母の家に不法侵入した警察署長の裁判が始まり、逮捕されたバリー・カーペンター署長が証言台に立った。

 アクセス・ハリウッドによると、法廷では署長の取調べで録音されたテープが流されたが、自分はサラ・ジェシカたちの代理母である女性の家の玄関が開いていたため、中に入ったというのだ。家の中に入ってからはプライベートなものを少し見たが、家が安全なのを確かめただけだと説明している。検察側は、カーペンター署長は、この女性がサラ・ジェシカの代理母であることがわかるものを盗んだと言っているが、本人は無実を主張している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 21日
  5. サラ・ジェシカ・パーカーの代理母の家に不法侵入した警察署長「ドアが開いてたから」と説明