シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジェームズ・キャメロン監督、今後3Dではない映画は作らない宣言!

ジェームズ・キャメロン監督、今後3Dではない映画は作らない宣言!
完ぺき主義者のジェームズ・キャメロン監督 - (C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 世界待望の映画『アバター』の公開を前に、ジェームズ・キャメロン監督がインタビューに応じ、今後3Dではない映画を作ることに興味がないことを明かした。

 『タイタニック』でアカデミー賞史上最多11部門受賞、全世界興収歴代ナンバーワンの偉業を達成したキャメロン監督。そんなキャメロン監督が、映画史に新たな歴史を刻もうとしている。それが、構想14年、製作4年の長い歳月をかけた『アバター』だ。神秘の星パンドラを舞台に、人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げたジェイクが、幻想美と生命力に満ちた衛星パンドラで冒険を繰り広げ、その星の希望になる姿を描く。

 キャメロン監督は「映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで、ピーター・ジャクソン監督がゴラムのキャラクターなど革命的なことをやってのけたのを観て、彼にできるなら、僕にもできると思った」とクリエイター魂を刺激され、本格的に本作製作に着手した。しかしキャメロン監督が求めていたものは、そのときすべてそろっていたわけではなかった。「最初の1年半は、テクノロジー開発に費やされた。イメージベースのフェイシャルパフォーマンスはその一つ。さらにこのシステムを作るだけでなく、そのデータが正しく送信されるためのシステムを開発する必要もあった」と遠く険しい製作過程を語る。

 これが一般的な監督であれば、途中で妥協し、現状の技術で作品を誕生させたかもしれない。しかしハリウッド随一の完ぺき主義者として知られるキャメロン監督にその選択肢はなかった。さらにスタート当初3Dシアターは数えるほどで、作品が完成した時代に増えていることを予想し、『アバター』を3D映画として製作することを決意した。「僕が映画『ジェームズ・キャメロンの タイタニックの秘密』を3Dで作ったとき、名特殊メイクアップアーティストであるスタン・ウィンストンに観せた。すると彼は『3Dで長編を撮るなら、君にとっての映画『スター・ウォーズ』みたいな、最大かつ最高の映画でやれ』と言ってくれた。だから僕はスタンの意見を受け入れて、僕にとっての最大かつ最高の映画を3Dで撮ったわけさ!」と今は亡きスタンの言葉が『アバター』の方向性を決定付けたと明かす。

 最後にキャメロン監督は新たな創造がこれまでの苦労を超えたかのように「3Dでない映画を作ることに、もう興味はない」とキッパリ。キャメロン監督を3D映画制作の魅力に目覚めさせた『アバター』。その全ぼうが明かされる日まで、キャメロン監督は世界中のファンたちをヤキモキさせてくれるだろう。

映画『アバター』は12月23日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 27日
  5. ジェームズ・キャメロン監督、今後3Dではない映画は作らない宣言!