シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ライラの冒険』のエヴァ・グリーン、新作映画のレズシーンをもっと過激に演じたかった

『ライラの冒険』のエヴァ・グリーン、新作映画のレズシーンをもっと過激に演じたかった
原作ほど過激じゃないわね! -エヴァ・グリーン

 映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーンが、新作映画『クラックス』(原題)で演じたレズビアンのラブシーンの描写が原作ほど過激ではなかったことを残念に思っていると語った。

 『クラックス』(原題)は、全寮制の女子校の校長ミスGを演じるエヴァがマリア・ヴァルヴェルデ演じる女子生徒に魅了されていくストーリー。「原作よりもソフトなラブシーンだったわ。わたしはもっと過激にやりたかった。本でのわたしのキャラクターはもっと性的なの」とコメントしている。『クラックス』(原題)は1999年に出版されたシーラ・コーラーの原作をもとに制作された映画だが、共演したマリアとのラブシーンは練習を重ねたから楽だったという。「マリアとのラブシーンは問題なかったわ。前日にリハーサルをして、何をどうするかをきちんと理解して望んだから撮り直しも少なかった。本を何度も読んだから、ミスGの執着もよく理解できた。原作での彼女はとても男っぽいのよ。オーバーオールを着て、葉巻を吸うの! すごく性的な女性。でも映画ではとてもデリケートで洗練されていて、女性的。全然違うわ」と少し残念そうだ。

 学生時代について聞かれると、「とてもいい生徒だったわ。でも完ぺき主義者だったから、フランス語も英語も数学もすべて完ぺきになりたくて荷が重かった。わたしたちの学校では教師と生徒が関係を持つことはなかったわ。わたしは壁ばっかり眺めている恥ずかしがりやで、一人の人間として開花することはできなかったの。だから16歳のある日、学校に行くことをやめてしまった。母に『もうやってられないわ。いつも勉強ばかりで外に行くこともできない! 夜10時まで勉強しているのよ!』って言ってね」とウェールズ・オンラインに語っている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 8日
  5. 『ライラの冒険』のエヴァ・グリーン、新作映画のレズシーンをもっと過激に演じたかった