シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大地真央、12歳年下のだんな様が起用の決め手!『50歳の恋愛白書』宣伝部長に!

大地真央、12歳年下のだんな様が起用の決め手!『50歳の恋愛白書』宣伝部長に!
映画の公開日、2月5日(金)は54歳の誕生日の大地真央

 良き妻で良き母でもある50歳の女性が、新たな愛に目覚めると共に新しい人生の始まりを迎える姿を、豪華キャストで描く人間ドラマ『50歳の恋愛白書』の宣伝部長に女優の大地真央が決まった。その起用理由として、配給元のギャガは、「50代でも輝き続けている日本の女性の代表として、アラフィフ世代から絶大な支持を得ている存在であること」「本作公開初日となる2月5日(金)が大地さんの54歳のお誕生日という偶然のご縁」「大地さんの旦那様・インテリアデザイナーの森田恭通さんは12歳年下。本作の主人公ピッパ・リーが恋に落ちるクリスは15歳年下という年下の男性との恋という共通点」の3点を挙げている。

 それを受けた、今回の起用に大地は「このお話いただき、とても光栄に思っています。この映画を拝見し、まず、これほどの豪華キャストの方々が、出演意欲をかきたてられた理由はここにあったんだと思わせる、深みのあるストーリー展開に引き込まれました。そして、同世代のヒロインが、人生や恋愛について悩みながらも、自分らしさを模索して、自分に正直な道を選択していく姿に共感を覚えました。わたしも今の年齢になったからこそ初めて気づくこと、新しく挑戦してみたいと思えることって沢山あるんだなと、日々実感しています。この『50歳の恋愛白書』を観て、パワーをもらって、年齢を重ねた女性達がもっともっと輝いてもらえるように、わたしもエールを送りたいと思っています」と自分自身も素で共感できた映画だったことを明かした。

 『50歳の恋愛白書』でロビン・ライト・ペンが演じるピッパ・リーは50歳。妻であり、母であり、でも女でもある。ようやく手にした結婚という幸せのために、理想的で完璧な妻をずっと演じてきた。誰もが、「理想の女性」と羨む彼女だったが、日々感じるのは、型にはまった退屈で息苦しい自分。そんな悩みの中で、ピッパ・リーは、自分を開放してくれる、キアヌ・リーヴス演じる15歳も年下の不思議な男性と出会う。

映画『50歳の恋愛白書』2月5日(金)より、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 20日
  5. 大地真央、12歳年下のだんな様が起用の決め手!『50歳の恋愛白書』宣伝部長に!