シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

柴咲コウ、ブラザー・トムから「他人のために料理をしなさい」と優しいアドバイス?

柴咲コウ、ブラザー・トムから「他人のために料理をしなさい」と優しいアドバイス?
ブラザー・トム、柴咲コウ、余貴美子、富永まい監督

 21日、東京国際フォーラムホールCで映画『食堂かたつむり』の完成披露試写会が行われ、柴咲コウ、余貴美子、ブラザー・トム、富永まい監督、そしてブタのエルメスが舞台あいさつに登壇した。

 舞台あいさつへの登壇時には「コウちゃんかわいい!」と会場内の女性たちから大きな歓声を浴びていた柴咲だったが、実はこの日、それ以上に大きな歓声を浴びていたのは、余が演じるルリコが飼っていたブタのエルメスだった。そんなエルメスとの共演について「ブタはイメージよりもとてもきれいで繊細な動物。癒やされました」と柴咲が振り返ると、余は「本当に偉いブタでした。でもわたしはすごくエルメスを愛していたんですけど、さっき食べたお弁当の中にブタの角煮が入っていて、食べてしまいました」とざんげ。するとエルメスがピクッと立ち上がり、絶妙のタイミングで鼻を鳴らし、会場は爆笑となった。

 また本作に登場する「願いごとがかなう料理」にちなんで、「自分にとっての料理は?」と聞かれたブラザー・トムは「僕は母と二人っきりでしか食事をしたことがなかった。母親が亡くなったときに、一人で食べる料理はエサだと思って何もおいしくなかった。それから結婚し、子どもが二人生まれて、四人で食事をしたら何を食べてもうまい。食事ってこういうもんだと思いました」といい話を披露。しかし柴咲の「わたしは自炊をすることが多いですね。自分の食べる分だけ作ると、どうしても適当になっちゃうんです」との寂しいエピソードに、すかさず「切ないな。あなたはすごくいい手をしてるんだから、どんどん他人のために料理を作ってあげなさい」とアドバイスしていた。

 映画『食堂かたつむり』は、小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。

映画『食堂かたつむり』は2月6日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 破局!柴咲コウとUVERworldのTAKUYA∞(画像) from 芸能クリップ (2010年1月31日 20時6分)
    交際が噂されていた女優の柴咲コウとロックバンドUVERworldボーカルのTAKUYA∞が、 昨年末ころに破局にいたっていたことをサンケイスポーツが... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 21日
  5. 柴咲コウ、ブラザー・トムから「他人のために料理をしなさい」と優しいアドバイス?