シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イタリアでテレビ局に苦情殺到!『パラノーマル・アクティビティ』CMで子どもがパニック発作

イタリアでテレビ局に苦情殺到!『パラノーマル・アクティビティ』CMで子どもがパニック発作
部屋の中でいったい何が起こっているんだろうか? - (C) 2009 Oren Peli d.b.a. Solana Films.

 約135万円という低予算で世界興収150億円を稼ぎ出している話題の映画『パラノーマル・アクティビティ』がイタリアで大変な社会問題に発展している。先週末よりイタリアで公開された本作だが、その告知CMを見た子どもたちが恐怖におびえ中にはパニック発作を起こす子どもたちもいたようでテレビ局にクレームが殺到した。

 すでに本作のイタリアで興行収入は約4億円を超えており、1館あたりの平均額では世界的に大ヒットしている映画『アバター』を抜くという結果が出ている。その衝撃的な内容から『パラノーマル・アクティビティ』はアメリカ、イギリス、ドイツ、オランダなどでは年齢制限がついており、イタリアでも18歳未満の観覧禁止を求める声が保護者たちから上がっている。イタリアではこの映画が子どもたちに精神的な問題を引き起こすという報告があるらしいが、日本では『パラノーマル・アクティビティ』には視聴年齢制限がないため小学生でも観賞可能。現に“おばけやしき”のスリルを求めて劇場は連日、中高生の姿が目立つという状況だ。

 放送事故かと思うようなCMが話題になっているなか、配給元によると、日本ではまだ発作を起こしたなどの報告は入っていないとのことで、日本人はイタリア人よりは心臓が強いのかも。女子高生の叫び声が印象的なCMと同じような絶叫は、劇場でも日々聞こえてきているなどと、もはや現代の怪談ともなっている『パラノーマル・アクティビティ』。そのうち、この映画を観ないと呪われるという都市伝説も出てくる……かもしれない。

映画「パラノーマル・アクティビティ」はシネマサンシャイン池袋ほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 作り話の効果―メディアの影響力 from M.Mの独白―とある発言の記録 (2010年10月20日 12時58分)
    この度,カナダでユニコーンが発見されたというお話の顛末がエキサイトニュースのコラムに掲載されていました。 【関連情報】 ■“伝説の生き物”ユニコーン発見騒動のてん末、公開された動画の真相は?(コラム総合 - エキサイトニュース) カナダのトロント在住ピーター・ヒッキージョーンズという人物が,ドンヴァレーという渓谷でユニコーンを撮影したので分析してほしいとトロント州立オンタリオ科学センターに依頼をしたそうで,その映像が下のもの(YouTubeで公開中)。 まずは,ご覧あれ。 【Rumou ...[外部サイトの続きを読む]
  • あゆを脅迫した男逮捕 など:2月12日ニューストピックス from ぼやきダイブ (2010年2月12日 22時49分)
    「放火してやる」あゆに脅迫文の男を逮捕 - SANSPO.COM浜崎あゆみさんの自宅に脅迫文を郵送していたとのこと。でも自分の住所や氏名を丁寧に書き... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 12日
  5. イタリアでテレビ局に苦情殺到!『パラノーマル・アクティビティ』CMで子どもがパニック発作