シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

まさかの全米1位!4人のヒーロー描く『キックアス』知名度イマイチの俳優ながら『ヒックとドラゴン』超える -4月19日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

まさかの全米1位!4人のヒーロー描く『キックアス』知名度イマイチの俳優ながら『ヒックとドラゴン』超える -4月19日版
『キックアス』で4人のスーパーヒーローの一人を演じたクリストファー・ミンツ=プラッセ - Photo:Nobuhiro Hosoki

 先週のチャート争いも大接戦だったが、今週もすごい。アメリカ時間で月曜の朝まで第1位は、映画『ヒックとドラゴン』だったのが、最終的なボックスオフィスのトータルが算出された時点でどんでん返しが起き、新作映画『キックアス』(原題)が1,983万ドル(約17億8,470万円)をたたき出してナンバーワンの座に輝いた。(1ドル90円計算)

 今週の第1位をめぐっての争いは先週以上に白熱しており、トップと第2位の差はたったの19万5,367ドル(約1,758万3,000円)と、関係者にとっては手に汗握る接戦となった。ただ、今週の結果でふに落ちない点は、週末ランキング最終発表の段階で『キックアス』がトップということだったのだが、業界内の調査によると『キックアス』(原題)の週末統計には、木曜夜10時より行われた先行ロードショーの売り上げも含まれているということ。興行収入の世界で週末というのは金曜日から始まるものであり、木曜夜10時が果たして週末興行収入の一部として計算されていいものかという疑問が残るわけである。もし木曜日の先行上映分がトータルに含まれないとすると、今回のボックスオフィス第1位は『ヒックとドラゴン』に変わる。『キックアス』(原題)の配給会社に各方面から問い合わせが入っているらしいが、いまだに返答がないとのこと。3,065館・推定4,300スクリーンで大型ロードショーとしてデビューした『キックアス』(原題)だが、前宣伝の割には爆発的なヒットには結びつかず、第1位といえども……という結果になった。

 第2位はそんなわけで接戦の末、ナンバー2に甘んじた『ヒックとドラゴン』で1,963万ドル(約17億6,670万円)。ファミリー・アニメの底力で先週の第3位から巻き返しを図り、あわよくば新作もけ散らして第1位に返り咲きか……と思うくらいの頼もしさを見せた。公開後4週目に突入しているにもかかわらず、『ヒックとドラゴン』を観た子どもたちは、映画を観てしばらくたってからもずっとその話に熱中し続けているといい、親子連れのリピーターも出てきたという。

 次に今週の第3位だが、先週の第2位からワンランクダウンで映画『デートナイト』(原題)の1,672万ドル(約15億480万円)の興行収入。先週と比べて33.7パーセントの下降率で、最近のジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラー出演の映画『バウンティー・ハンター』よりははるかにいい成績を記録している。これで『デートナイト』(原題)の封切り10日目時点での総合ボックスオフィス高は4,867万ドル(約43億8,030万円)となった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【レビュー】キックアスを見ないと激しく後悔する10の理由 from 映画小毒 (2011年1月20日 1時33分)
    渋谷シネセゾンでキックアスをみてきた。 最初からいってしまいますが、こりゃあ2011年最高の映画だ!間違いない!... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2010年12月3日 4時30分)
    直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 22日
  5. まさかの全米1位!4人のヒーロー描く『キックアス』知名度イマイチの俳優ながら『ヒックとドラゴン』超える -4月19日版