シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

こんな松田翔太見たことない!衝撃の破壊シーンを解禁

こんな松田翔太見たことない!衝撃の破壊シーンを解禁
車を破壊した後、職場の事務所もめちゃくちゃにしちゃう松田翔太-映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』より - (C) 2010 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

 映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で、松田翔太が今までにない演技を見せている衝撃のシーンが、映画の公開に先駆けて、解禁された。

 本作は、孤児院で兄弟のように育ち、解体工事現場の過酷な労働環境で働かされている若者たちが、人生の新たな一歩を踏み出そうとする青春ストーリー。松田は、テレビドラマ「ライアーゲーム」「月の恋人~Moon Lovers~」などで見せるクールな演技とは真逆の、「いじめられ役」を演じている。

 今回公開されたのは、理不尽で執拗(しつよう)ないじめを続ける職場の先輩の愛車を、松田演じるケンタと高良健吾演じるジュンがハンマー片手にぶっ壊す! というシーン。映像の後半は、松田と高良が演技指導を受けている、貴重なメイキングシーンとなっている。

 「いつもの暴力シーンは、やってやったぜ! という気持ちになるが、このときはもどかしい思いが抜けず、自由ってこんなもんじゃない、早く抜け出したいと思った」とこのシーンの演技で、自由を求める若者の葛藤(かっとう)を肌で感じた様子の松田。

 松田ももどかしさを覚えた本作は、現代の日本社会を生きる若者の不安やいら立ち、そして希望を表した骨太な作品に仕上がっている。今までにない松田の役どころにも注目の作品だ。

映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』は6月12日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」すべて、ぶっ壊す。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2010年5月21日 10時11分)
    人生を選べずに生きてきた若者たちの、絶望的な旅の物語。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(リトルモア)。『すべてをぶっ壊して“ここ”から抜け出す』彼等の決断を待ち受けていた結末は?  ケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は、親のいない子供たちの施設で、兄弟のように育った。中学卒業後、工事現場で電動ブレーカーを使って、ひたすら壁を壊す“はつり”と呼ばれる仕事に就いた2人。低賃金、劣悪な労働環境、更には職場の先輩・裕也(新井浩文)による理不尽ないじめ。生き方も選べない2人は、ただ日々壁を壊し続けた ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 21日
  5. こんな松田翔太見たことない!衝撃の破壊シーンを解禁