シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キーファー・サザーランド、生まれた病院が目の前で取り壊されてショック

キーファー・サザーランド、生まれた病院が目の前で取り壊されてショック
キーファー・サザーランド - Jeffrey Ufberg / Getty Images

 テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のキーファー・サザーランドが、自分の生まれた病院が取り壊されるのを見てショックを受けたという。

 キーファーは、両親が留学していたため1966年にイギリスのセント・メリー病院で生まれたが、病院が老朽化したため、近くの新しいビルへと移転し、建物は取り壊されることになっていたという。「先日、友人と一緒にウエスト・ロンドンにあった僕が生まれたセント・メリー病院を見に行ったんだ。病院自体は道の反対側に移転していたんだけど、僕が古い建物を見るのは1966年12月21日以来のことだったよ。『オレはここで生まれたんだ』と思ったとたん、建物を解体する鉄球が壁をぶち破ったんだ。あまりのタイミングに信じられなかったよ」と、キーファーは英ナッツ誌に語っている。

 キーファーは「24 TWENTY FOUR」のシリーズ・フィナーレの最終シーンを取り終え、今後は映画化に意欲を見せている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「24(Twenty Four)」ついにラストへ!! from ミステリ通信 創刊号 (2010年5月26日 22時3分)
    タイトルに相応しく24日、「24(Twenty Four)」シーズン8最終回が放送されました。 これにて事実上「24(Twenty Four)」シリーズ自体が終了を迎えたことになります。 噂では映画化のプロジェクトも進んでいるそうですが、なにぶん流動的に過ぎ絶対とは言い切れない模様。 .. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 26日
  5. キーファー・サザーランド、生まれた病院が目の前で取り壊されてショック