シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

仮面ライダーNEW電王のイケメン桜田通、女性観客が泣き過ぎて化粧が落ちるのが心配!?

仮面ライダーNEW電王のイケメン桜田通、女性観客が泣き過ぎて化粧が落ちるのが心配!?
女泣かせなイケメン、桜田通

 5日、横浜ブルク13にて、『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル』の初日舞台あいさつが行われ、主演の桜田通、舞原賢三監督のほか、声優陣、着ぐるみのモモタロスらが登壇した。

 本作の主演で仮面ライダーNEW電王にふんする桜田は、この秋公開予定の映画『BECK』にも出演している成長株のイケメン。この日、女性たちからの黄色い大声援で迎えられた桜田は、これから映画を観る観客に向かって「皆さんはこれからすごいものを観るわけですね~!」と自信たっぷりにあいさつ。そして「今回は主題歌も歌うなど、新しいチャレンジをしています。泣ける作品になっているので、女性の皆さんは化粧が落ちちゃうかも……(笑)」とユーモラスに作品をアピールした。ほかのキャスト陣も本作が感動できるストーリーになっていることを口々にアピールしたほか、お互いを役名で呼び合って漫才のような掛け合いを繰り広げて会場を沸かせ続けた。

 そして、最後にコメントを求められた舞原監督は、本作の長いタイトル名について言及し、「今回の題名は60文字。これまで日本映画の最高に長いタイトルは58文字だったので、ギネスに申請できるかもしれません!」と宣言し客席をどよめかせたが、すぐに「でも次の(仮面ライダーの)シリーズ作がよく考えたら70文字なんですよね(笑)」と付け加えてキャスト陣をずっこけさせるなど、ユーモアたっぷりにあいさつを締めくくっていた。

 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル』は人気テレビドラマ「仮面ライダー電王」から派生した劇場版『超・電王』シリーズ作品で、2週間おきに続けて公開中の3部作のうちの2作目。本作では、ゼロノス、NEW電王、ディエンドの3人の仮面ライダーが集結し、熱い友情ときずなで結ばれた大活躍を展開する。

映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 5日
  5. 仮面ライダーNEW電王のイケメン桜田通、女性観客が泣き過ぎて化粧が落ちるのが心配!?