シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

上映中止になった『ザ・コーヴ』をシンポジウムで上映!一水会顧問の鈴木氏らが白熱議論を!

上映中止になった『ザ・コーヴ』をシンポジウムで上映!一水会顧問の鈴木氏らが白熱議論を!
映画『ザ・コーヴ』より - (C) OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED.

 日本のイルカ漁を描いた映画『ザ・コーヴ』がたび重なる抗議活動や街宣予告を受け東京での上映中止に追い込まれたが、6月9日に雑誌「創」が主催する「アカデミー賞映画『ザ・コーヴ』上映とシンポジウム」では、予定どおり上映されることがわかった。

 雑誌「創」では以前より本作が上映中止になることを懸念しており、本誌6月号で、本誌編集長の篠田博之氏が「捕鯨やイルカ漁をどう考えるかという問題など、この映画が議論すべき多くの素材を提供しているのは確か」と問題提起。6月9日東京・なかのZERO小ホールにて映画を観て討論をするシンポジウムの開催を告知している。

 昨日『ザ・コーヴ』の配給元であるアンプラグドが、一部団体などからの劇場への抗議活動で東京での上映中止を発表したが、このシンポジウムは予定どおり執り行われ『ザ・コーヴ』の上映もする予定だと「創」編集部ではコメントしている。

 シンポジウムの登壇者にはオウムを撮った映画『A』の森達也監督。イラク戦争報道で知られる映像ジャーナリスト綿井健陽氏、イルカの問題に詳しい坂野正人氏、一水会顧問の鈴木邦男氏が参加、司会は「創」編集長の篠田博之氏が務める。

 参加費は1,000円で『ザ・コーヴ』全編上映(90分)の後、シンポジウム(約80分)が行われる。「盗撮映画」と一蹴(いっしゅう)してしまうのもいいが、一見してからでもいいのでは?


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ザ・コーヴ」上映中止 from Passion Fruit −情熱の果実− (2010年6月6日 9時36分)
    今年のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」 が一般公開を目前にして、映画館への抗議の激化によって公開中止が決定 したために、全国規模の上映も中止になる見通しになりました。 「ザ・コーヴ」の内容が「反日的」だとして、公開中止を求めてきたのは 市民活動団体ということですが、臭い物に蓋をするだけでは日本人の立場 としての主張、反論をする機会が失われてしまいますから、議論によって 日本の立場を擁護しようと考えている人にとっては非常に迷惑な話であり 言論の暴力で、現実の話に耳目を傾ける ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 4日
  5. 上映中止になった『ザ・コーヴ』をシンポジウムで上映!一水会顧問の鈴木氏らが白熱議論を!