シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

春日、熟女好きの次はゲイ疑惑!!若林は「ヒック」というギャグをつくる宣言!?(1/2)

春日、熟女好きの次はゲイ疑惑!!若林は「ヒック」というギャグをつくる宣言!?
ドラゴンの炎で大爆発!?

 8日、六本木のパラマウント・ピクチャーズで映画『ヒックとドラゴン』の宣伝キャプテンを務めるオードリーの二人が、3Dの世界を体感するという設定のCM撮影を行いドラゴンの炎で顔中真っ黒になった姿を披露した。

 オードリーの二人が出演したCMは、3D上映される映画『ヒックとドラゴン』の世界を、家庭のテレビでも感じてもらおうと製作されたもの。今回の撮影で二人に特殊メイクを施したのは、映画『パコと魔法の絵本』や『ゴジラ』ミレニアムシリーズなど数多くの映画、CM、テレビなどで活躍している特殊メイクアップアーティスト吉田茂正氏。撮影現場に現れた春日と若林は、ドラゴンの炎をもろに受けてしまったという設定で、顔中真っ黒、髪の毛もボサボサ。二人の3Dメガネは砕け、春日自慢のテクノカットも見るも無残な状態。実際に服を焦がしたのか、二人が現場に入るとかすかに焦げの香りが漂うなど、本格的な特殊メイクだった。

 CM撮影後に行なわれた囲み取材では、春日が「この映画は、春日のギャグ(トゥース)からインスピレーションを受けて製作されたもの」と言いたい放題。しまいには、「春日はトゥースがあるから宣伝キャプテンに選ばれたけれども、若林くんはバーターです。僕がドラゴンのトゥースなら、若林くんは……しょうがないからヒックってことで」と相方をけなし出す始末。若林も反論するのかと思いきや「確かにそうですよ。いつも春日じゃない方の若林という紹介のされ方ですもん」といじけてみせて、最終的には若林が、「ヒック」というギャグを作り出すことで落ち着いていた。

 また、春日の熟女好きを知っている記者から突如「内閣が替わりましたが、蓮舫議員のことはお好きですか?」と質問が。すると春日は「蓮舫議員のSっけはたまらない。『春日、廃止』って言われたい」と大暴走。ついには、嫌がる若林のお尻を触りながら「実は……男のお尻が好きなんですよね」と熟女好きの次は、ゲイ疑惑!? 若林は慌てて「この映画は、お子様も観る映画だから!!」と必死に暴走を食い止めていた。そして、春日は最後に映画のアピールをする場面でも、「この『ヒックとドラゴン』は非常にいい仕上がりになりました。若林くんもヒックという形で出演しています」とまるで自身が製作したかのような上から目線。「非常に楽しい映画です。ぜひ観てください! 観ないと春日に嫌われるぞ!」としっかり? PR、最後の最後まで若林を困らせていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 春日、熟女好きの次はゲイ疑惑!!若林は「ヒック」というギャグをつくる宣言!?