シネマトゥデイ

禁断のボーイズラブ映画のトークイベントで、イケメン俳優が「ラブシーンは好きにやってよ!」

禁断のボーイズラブ映画のトークイベントで、イケメン俳優が「ラブシーンは好きにやってよ!」
緊張した様子の3人左から-植野堀まこと、河合龍之介、齋藤ヤスカ

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 大人気ボーイズラブコミックを実写化し、注目あびた映画『愛の言霊』から3年、待望の第2弾となる映画『愛の言霊~世界の果てまで~』の公開に先立って、出演者の植野堀まこと、河合龍之介、齋藤ヤスカと金田敬監督による完成披露試写会とトークイベントが千代田区の全電通ホールで開催された。

 体当たりの演技を観せた植野掘は、本作が映画初出演にして初主演。恋する青年を初々しく演じ、「前作のプレッシャーを感じながらも先輩に助けられながら頑張った」と告白。先輩と言われた河合は、「楽しかったよ」と余裕の笑顔で答え、植野堀とは初対面からすんなり打ち解け、撮影がスムーズに進んだことを明かしていた。二人ともにミュージカル「テニスの王子様」に出演し、人気を博した俳優だが、ミュージカルでは直接の共演はなかったそうで、ファンにとっては待ち焦がれていた夢の共演が実現した。

 前作『愛の言霊』で主演を務めた齋藤は、前作に引き続き本作にも出演しているが「今回、ラブシーンは二人にお任せ! 邪魔しないからさ、好きにやりなよ」と今回は自身のラブシーンは無かったことをあかし、恋人同士を演じた二人をあおっていた。そんな齋藤は、トークイベントでムードメーカーとして大活躍。主演二人のコメントに突っ込みを入れては会場を笑わせ、和ませていた。そして、最後に植野堀が「この映画を観ながら、自分に素直になっていただければ……」と観客にメッセージを送り、会場から熱い声援を一身に浴びてイベントをしめていた。

 『愛の言霊~世界の果てまで~』は、紺野けい子原作のボーイズラブ・コミックを実写化した映画『愛の言霊』の約3年ぶりとなる続編。もどかしくもさわやかな男同士の愛を描き、13代目いいとも青年隊やミュージカル「テニスの王子様」に出演し人気を博した植野堀まことが映画初主演を務め、相手役・河合龍之介との大胆なベッドシーンを披露している。

映画『愛の言霊~世界の果てまで~』は8月7日より渋谷シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開

【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク