シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオ主演作で過去最高!『インセプション』が圧倒的勝利!観客の73パーセントは34歳以下の若い層-7月19日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ディカプリオ主演作で過去最高!『インセプション』が圧倒的勝利!観客の73パーセントは34歳以下の若い層-7月19日版
映画『インセプション』より - (C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 クリストファー・ノーラン監督が、映画『ダークナイト』に続いて再び大ヒット作品を放った。それは、3,792上映館・推定7,100スクリーンで封切られ6,280万ドル(約56億5,200万円)をたたき出したレオナルド・ディカプリオ主演の映画『インセプション』である。ディカプリオにとってもこの映画はデビュー週末の成績としては、映画『シャッター アイランド』をしのいでおり、ディカプリオが主演を務めた過去の映画の中では最高の出だしとなった。(1ドル90円計算)

 SFというジャンルは、時として難解で観客を遠ざけてしまうことがあるが、『インセプション』に関しては奇抜なストーリー性を強調し、CMでもアッと驚くようなカフェでの爆発シーンを見せるなどして画像のすごさを前面に出したPR作戦を展開し、観客の関心をそそることに成功したようだ。その結果、デビュー週末に7,700万ドル(約69億3,000万円)を記録し、SFジャンルの中でデビュー週末の売り上げにおいて歴代1位の映画『アバター』に続く大ヒットとなった(続編・リメイク作品は除く)。また、過去の人気SFアクション映画『マトリックス』『マイノリティ・リポート』のデビュー週末の観客数を超えている。

 ちなみに、観客数でも勝っているという記述を妙に思った方がいるかもしれない。これは、例えば新作と過去の類似作品を比較したときに新作が興行収入において勝っていたとしても、イコール新作が過去の作品よりも観客数で勝っているとは限らないのである。なぜなら過去と現代のチケット代を比べると現代のチケット代の方がはるかに高いことから、新作の興行収入が過去の作品を上回るのはある程度容易なことなのだ(もちろん、それでも過去の作品を抜けないリメイクなどの新作もかなりあるわけだが……)。というわけで、新作の方が興行収入の数字では勝っていても、観客数では過去の作品に負けているということもよくある。よって、収入でも勝り、観客数でも勝っているというのはかなり優秀な結果なのだ。

 また、『インセプション』配給のワーナー・ブラザーズの調べによると、映画を観に来ていた観客のうち、56パーセントは男性で、73パーセントは34歳以下という数値が発表されている。

 今週の第2位は、先週のトップからダウンした『怪盗グルーの月泥棒 3D』で3,280万ドル(約29億5,200万円)。ワンランクダウンとはいえ、同作品は封切り後10日間ですでに大台の1億ドル(約90億円)を超えて1億1,840万ドル(約106億5,600万円)の売り上げを記録しており、この夏のライバル映画『エアベンダー』の封切り後18日間で1億1,514万ドル(約103億6,260円)という記録を超えている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 20日
  5. ディカプリオ主演作で過去最高!『インセプション』が圧倒的勝利!観客の73パーセントは34歳以下の若い層-7月19日版