シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スパイダーマン』サム・ライミ監督がワイアット・アープを題材にした漫画の映画化作品を監督

『スパイダーマン』サム・ライミ監督がワイアット・アープを題材にした漫画の映画化作品を監督
サム・ライミ監督

 大ヒット映画『スパイダーマン』の監督の座を退いたサム・ライミが、西部開拓時代の保安官ワイアット・アープを題材にした漫画の映画化作品でメガホンを取ることが明らかになった。

 業界紙ハリウッド・リポーターやDeadline Hollywoodが伝えたところによると、ドリームワークスが人気グラフィクノベル「アープ:セインツ・フォー・シナーズ」(原題)の映画化権を獲得し、映画版をライミが監督するとのこと。映画は、『あなたは私の婿になる』のデヴィッド・ホバーマンとトッド・リーバーマンがプロデュースし、脚本はマット・シラルニックが執筆する。

 同グラフィクノベルは、『OK牧場の決斗』や『ワイアット・アープ』で知られる伝説のヒーロー、ワイアット・アープを再創造した物語で、未来の荒廃した世界を舞台にしている。この世界に登場するアープは、兄の死を悲しみ、新興都市として唯一残っているラスベガスで保安官バッチを外し、静かに暮らしている。しかし、警察も無力化し、無法者たちがのさばる町に秩序を取り戻すためにアープが立ち上がるというストーリーだ。

 ライミ監督の次回作は、『オズの魔法使』の前章である3D映画『オズ、ザ・グレイト・アンド・パワフル』(原題)の予定で、同作の主演にはロバート・ダウニー・Jrが決まっている。しかしながら、先月行われたサターンアワード授賞式でのインタビューでは、ライミ監督はブリザード社の人気ゲーム「ウォークラフト(Warcraft)」の映画化こそ、映像作家の彼にとって、もっとも興奮させる企画であると告白し、『オズの魔法使』の前章は正式契約に至っていないことを明かしている。ゲームで遊ぶのが大好きというライミ監督が、実写映画版「ウォークラフト」を選ぶのか、それともロバート・ダウニー・Jrとのタッグが面白くなりそうな『オズの魔法使』の前章か、『クイック&デッド』以来の西部劇となる本作か、どれが次回作となっても必見の映画となることは間違いないだろう。

 原作コミックを刊行しているラディカル出版社は、本作のほかにサム・ワーシントン主演で「ザ・ラスト・デイズ・オブ・アメリカン・クライム」(原題)と「ダメージド」(原題)という漫画を映画化する企画を進めており、7月22日から開催されるコミコン・インターナショナルで、まとめて発表されるものとみられている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 22日
  5. 『スパイダーマン』サム・ライミ監督がワイアット・アープを題材にした漫画の映画化作品を監督