シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

深田恭子、地味な人妻・ゴージャスな作家・がけっぷち脚本家の3役を大公開!

深田恭子、地味な人妻・ゴージャスな作家・がけっぷち脚本家の3役を大公開!
3変化する深田恭子を堪能せよ! - (C) 2010「恋愛戯曲」製作委員会

 劇作家・鴻上尚史の監督作映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』で、4年半ぶりに映画での主演を務める女優・深田恭子の3変化姿がついに公開された。深田は本作で、「ワガママで男を振り回す人気脚本家」「彼女が書く台本の地味で寂しい人妻」「その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家」の3役を務めている。

 『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』は、劇作家・鴻上尚史が、過去に2度上演され大ヒットした舞台を新たに書き下ろし、自ら映画化した作品。恋をしないと仕事ができず、男を振り回す主人公の人気脚本家・谷山真由美を4年半ぶりの映画主演となる深田恭子が演じることでも話題となっている。

 今回公開された最新映像となる予告編では、深田演じる谷山が原稿の締切まであと5日なのに1行も書けていないがけっぷちぶりをはじめ、谷山が書く台本に登場する地味な人妻の憂いある様子や赤いドレスがゴージャスで印象的な女性作家まで、さまざまな魅力を振りまく深田を堪能できる映像に仕上がっている。

 脇を固める俳優陣も豪華で、深田に振り回されるテレビ局の制作プロデューサーを椎名桔平が演じ、そのほか、超お気楽な制作局ドラマ部長を井上順、悪企みを抱えるキャリアウーマンを清水美沙、クライアント命の営業局長を西村雅彦、自信過剰な編成部員を塚本高史が演じている。演じる俳優も個性派であれば、キャラクターもかなり個性的な本作。特に、清水が演じる編成部のキャリアウーマンぶりは、腹黒さがにじみ出ており必見だ。

 深田は本作を通して、仕事を頑張る女性や恋に臆病になっている人に力を分けてあげたいといい、「悩んでいるのは自分だけじゃない、こんなに頑張っている人もいるんだと思ったり、日常生活がこんな悲しい人もいるんだ、自分の方が幸せだと思えるシーンもあります」と見どころをアピール。深田の3変化だけではない、人間ドラマも楽しめる本作に期待が高まりそうだ。

映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』は9月25日よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 23日
  5. 深田恭子、地味な人妻・ゴージャスな作家・がけっぷち脚本家の3役を大公開!