シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

3D映画特需を享受した『海猿』がトップ!!公開規模の小さい『ガンダム』が驚異の3位ランクインで強い!!【映画週末興行成績】(1/2)

3D映画特需を享受した『海猿』がトップ!!公開規模の小さい『ガンダム』が驚異の3位ランクインで強い!!
映画『THE LAST MESSAGE 海猿』より - (C) 2010 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チームFNS27社

 今年、興収100億円を超えた作品は『アバター』『アリス・イン・ワンダーランド』『トイ・ストーリー3』の3本。これらの作品がメガヒットを記録したのは、作品が支持されたことに加え、3D特別料金が入場料に上乗せされたことも大きい。「どうせ観るなら3Dで」という消費者心理にピッタリとはまって、ある種の3D特需を生み出したともいえる。そんな中、興行最大手のTOHOシネマズが、映画『THE LAST MESSAGE 海猿』が初日を迎えた18日より、3D料金を100円値上げし、「入場料+400円」にするという措置に踏み切った。

 さらに映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が初日を迎える11月19日からは、業界2位のワーナー・マイカルが、3Dメガネを有料(100円)で貸し出すシステムに切り替えると発表した。こちらでは3Dメガネの持ち帰りが可能なため、次回来場時に持参すれば貸出料金はかからないというエコを意識したシステムではあるが、全員が次回もメガネを持参するとは考えられないため、実質的な値上げと見ていいだろう。秋冬興行はほかにも映画『トロン:レガシー』など、3D話題作が続々と公開される。これらの値上げが消費者心理に影響を及ぼすのか、それともさらなるメガヒットを生み出す土壌作りに貢献するのか、そして他社は、上位2社の値上げの流れに追従するのか。3Dをめぐる興行の世界の動向に注目してみても面白いだろう。

 そんな中で興行関係者が注目していた『THE LAST MESSAGE 海猿』の成績だが、ふたを開けてみれば、初登場でダントツの1位という結果となった。全国467スクリーンで公開され連休3日間の成績は動員93万9,950人、興収14億3,095万4,460円(土日成績は動員61万2,211人、興収9億5,696万5,660円)。興収71億円を記録した前作対比で130.4%という結果となった。そして連休3日間成績の内訳は3D(277スクリーン)が動員65万5,922人、興収10億6,059万2,600円、2D(190スクリーン)が動員28万4,028人、興収3億7,036万1,860円。すべての映画館が値上げしたわけではないので、値上げの影響がどう出たかは不明だが、本作の3Dシェア自体は74.1%となっており、3D人気はまだまだ衰えていないと見ていいだろう。

そして首位からワンランクダウンで2位となった映画『バイオハザード IV アフターライフ』だが、20日までの成績は早くも動員が164万3,384人、興収が25億9,760万7,700円を突破している。マインドベース(株)調べの座席数シェア(延べ上映回数×上映スクリーンの座席数)では、先週に比べて座席数シェアが大幅減という報告がなされており、他の3D作品などとのスクリーン争いが激しくなっていることがうかがえる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 23日
  5. 3D映画特需を享受した『海猿』がトップ!!公開規模の小さい『ガンダム』が驚異の3位ランクインで強い!!