シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ティンバーレイク、『ソーシャル・ネットワーク』のプレミアで危うくケガ

ジャスティン・ティンバーレイク、『ソーシャル・ネットワーク』のプレミアで危うくケガ
危なかったぜ……。-ジャスティン・ティンバーレイク - Gail Oskin / WireImage / Getty Images

 今年のニューヨーク映画祭のオープニング作品にもなった映画『ソーシャル・ネットワーク』のニューヨーク・プレミアで、ジャスティン・ティンバーレイクが危うくケガをするところだった。

 WENNによると、ジャスティンがプレミア会場でメディアのインタビューを受けていたところ、彼の声をひろうためにブーム・マイクを頭上に掲げていた音声担当者が手をすべらせてしまい、マイクはジャスティンの頭の上に落ちたとのこと。ジャスティンは間一髪のところでマイクをかわし、ケガはなかったという。

 ジャスティンはハプニングに気を取られることなく、その後も映画のプロモーションのためにインタビューを続けたとのこと。同映画は世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマで、ジャスティンはナップスター創設者ショーン・パーカーを演じている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 28日
  5. ジャスティン・ティンバーレイク、『ソーシャル・ネットワーク』のプレミアで危うくケガ