シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

木村拓哉主演アニメ映画『REDLINE』が2011年全米公開決定!しかも字幕版!!キムタクの声がアメリカの劇場にも響き渡る!

木村拓哉主演アニメ映画『REDLINE』が2011年全米公開決定!しかも字幕版!!キムタクの声がアメリカの劇場にも響き渡る!
アメリカでの拡大公開決定、おめでとうございます! 石井克人、小池健監督(左より)

 木村拓哉が6日、東京・新宿バルト9で行われた主演アニメーション映画『REDLINE』のプレミア試写会に出席し、原作・脚本を手掛けた石井克人、そして小池健監督と共に舞台あいさつに登壇。この日、本作が来年アメリカで拡大公開されることが電撃発表され、「今ここで聞いたので……でもうれしい限りですね」と木村は喜びを爆発させた。

 この日、事前アナウンス無しでサプライズ登場し、約400人の観客を驚かせた木村。しかし待っていたのは、全米公開という木村本人を驚かせるサプライズだった。まず日本と同じ10月9日(現地時間の10月8日)にサンフランシスコでプレミア上映された後、2011年に全米拡大公開される予定。規模は未定ながら、字幕版での上映を行う予定で、主人公の声を務めた木村をはじめ、共演の蒼井優、浅野忠信の声がアメリカの劇場にも響き渡ることになりそうだ。

 木村は、見た目はリーゼントでクールに決めるが、中身はシャイな純情男のJPを熱演。レースシーンでは「ウォー」「ウリャー」といった叫び声を上げる場面が多かったといい「叫ぶJPの顔が、想像を超えたトンでもないことになっていて……」とコメント。一方、小池監督は「本当にハマっていて、しびれましたね」と木村の声優ぶりにベタ惚れ状態だった。

 ちなみに、木村に今回のオファーを持ちかけたのは、CM撮影などで旧知の仲である石井だったそうで、「最初からJPは木村さんをイメージして(キャラクターを)作っていた。だから感無量ですね」と振り返り、木村も「アフレコ中は、石井さんの『いいですね、いいいですね。すばらしい! じゃあもう1回』って声が終始飛び交っていた」と明かした。

 『REDLINE』は近未来を舞台に、命知らずのレーサーたちが宇宙最速の座を懸けて、ルール無用のデッドヒートを繰り広げる体感型SFアニメーション映画。映画『サマーウォーズ』などで知られるマッドハウスがアニメーション制作を担当し、製作期間7年、手描き作画10万枚を費やした作品だ。

映画『REDLINE』は10月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 6日
  5. 木村拓哉主演アニメ映画『REDLINE』が2011年全米公開決定!しかも字幕版!!キムタクの声がアメリカの劇場にも響き渡る!