シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

浅野忠信、自身の離婚に言及!?「ダメな夫でした」と自虐発言!

浅野忠信、自身の離婚に言及!?「ダメな夫でした」と自虐発言!
「ダメな夫でした」と自虐発言を披露した浅野忠信

 12日、映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の完成報告記者会見がホテル西洋銀座で行われ、出演の浅野忠信、永作博美、そして東陽一監督が登壇した。会見では、本作でダメな夫役を務めた浅野が、「自分もその通りだった」と話し、会場の失笑を誘った。

 『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』は、人気漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症の経験を綴った自伝的小説を映画化した人間ドラマ。重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続けた家族たちの日々を、『わたしのグランパ』の東陽一監督が描いた。

 1999年に公開された『地雷を踏んだらサヨウナラ』以来、2度目の戦場カメラマン役となった浅野は、その偶然について、「すごく不思議。呼ばれる何かがあるのなら僕にとってはありがたいですが、緊張感を持ってその人を演じないといけないと思いました」と気を引き締めたことを明かした。ただ役作りについては自然体で取り組めたそうで、「どっちかというとメチャクチャやって迷惑を掛けている役なので、そういう意味では好き放題できました。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』のときもダメな夫役だったし、自分もその通りだったし(笑)」と、昨年に歌手のCHARAと離婚したことを思わせる自虐コメントを披露した。

 一方、西原理恵子がモデルの個性的な役に挑んだ永作は、西原を演じようという考えは最初から捨てていたと話し、「西原さんはえたいの知れないエネルギーを持たれていて、近づこうと思っても近づけない。無理なことをしてもリアリティーのないお話になるので、腹が据わっていて言葉は少ないけど、ちゃんと見守っているどっしり感が、わたしにできる限り伝えられればと思って取り組みました」と自分らしさを大事にして演技をしたことを明かした。

 また、この日役者の二人に負けず存在感を見せていたのが東監督で、浅野と永作のコメントが一段落するたびに「今のに補足しますとね……」と何度もマイクを取り、会場の笑いを誘った。「本当は監督があんまりしゃべったらいけないんだけどね……」と話しつつ、口を出さずにはいられない監督からは、映画に対する熱い思いが伝わってきた。

映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』は12月4日よりシネスイッチ銀座ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 浅野忠信、自身の離婚に言及!?「ダメな夫でした」と自虐発言!