シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也、綾瀬はるからと堂々共演の大型新人・大野拓朗、160人のティーンの前でドキドキの初単独舞台あいさつ!

藤原竜也、綾瀬はるからと堂々共演の大型新人・大野拓朗、160人のティーンの前でドキドキの初単独舞台あいさつ!
注目の大型新人・大野拓朗、初単独舞台あいさつにも余裕の笑顔!?

 12日、スペースFS汐留ホールにて、映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』ティーンズ試写会が行われ、本作で映画デビューを飾った新人俳優の大野拓朗が160人の学生たちの前で初々しくトークイベントを行った。

 大野は「キャンパスター★H50withメンズノンノ」でグランプリを受賞し、本作で俳優デビューを飾った期待の新人で、まだ現役の大学生。この日ラジオやモバイルサイトを通じて招待された160人の学生たちの前に登場した大野は、「今すごく緊張しています」と初々しくあいさつ。自身が演じた役柄について「自分とは完全に真逆のキャラクター。監督から『無表情にしゃべれ』と言われて奮闘しました。うまい役者さんならできるけど、僕はまだ棒読みレベルですね」と謙遜(けんそん)。映画初チャレンジの感想を聞かれると「やっぱりお芝居は楽しい。俳優として一生やっていけたらいいなと思います!」と目を輝かせた。

 藤原竜也をはじめ、綾瀬はるか、石原さとみなど豪華キャストが顔をそろえた本作。藤原について「イメージ通りの方でした。すごくストイックで、リハーサルから全力を出していました」と撮影当時の印象を語った。一方、北大路欣也については、藤原とは逆にギャップがあったそうで「こわいイメージがあったけど、気さくな方でした。ソフトバンクのお父さん犬のCMをやっていらっしゃるのも納得ですね(笑)。将来は北大路さんみたいに、(役者として)生き残っていきたいです」と大御所の先輩俳優にすっかり魅了された様子だった。

 また、トーク中は本作のストーリーにちなみ、大野に「目の前で二人の親友が一人の女性をめぐって争っている。でも実は自分もその女性のことが好き。そんな三角関係に“イン”してみる?」と質問が飛んだ。すると大野は「その女性のことが本当に好きだったらインします!」ときっぱり。さらに、「劇中同様に時給11万2,000円のバイトがあったらチャレンジするか?」という質問にも「インします! 車が欲しいので(笑)」と即答し、若者らしい素直な受け答えで終始さわやかな魅力を振りまいていた。

 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は2008年の「このミステリーがすごい!」に選ばれた米澤穂信の小説を原作に、映画『リング』『L change the WorLd』の中田秀夫監督が映画化した心理サスペンス。時給11万2,000円という広告に釣られて集まった男女10人が、奇妙で危険な究極のゲームを繰り広げるさまを描く。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は10月16日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 藤原竜也、綾瀬はるからと堂々共演の大型新人・大野拓朗、160人のティーンの前でドキドキの初単独舞台あいさつ!