シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トム&キャメロン『ナイト&デイ』が『海猿』破る!日本版『死刑台のエレベーター』もランクイン!【映画週末興行成績】(1/2)

トム&キャメロン『ナイト&デイ』が『海猿』破る!日本版『死刑台のエレベーター』もランクイン!
見事1位に!-映画『ナイト&デイ』より - (C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

 3週連続で首位を独走していた映画『THE LAST MESSAGE 海猿』を破り、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの豪華共演が話題の映画『ナイト&デイ』が初登場の首位を飾った。一部には集客力に疑問の声もあったトムとキャメロンの二人が、日本での人気の高さを見せつけ、その疑問を見事に一蹴(いっしゅう)してみせた。

 10月6日「トムの日」に行われた先行上映分と9日から11日までの計4日間の成績が、589スクリーンでの公開で、動員54万2,065人、興収6億7,500万7,200円(9日から11日までの3日間では、動員48万5,198人、興収6億1,149万3,600円)となった『ナイト&デイ』。公開直前となる9月28日に、滞在時間14時間という強行スケジュールの中で、2ショットで来日を果たしたことも功を奏したのか、初登場1位に輝いた。

一方、首位の座を奪われてしまった『THE LAST MESSAGE 海猿』だが、公開24日間で早くも累計動員401万2,783人、累計興収60億1,694万9,020円を突破。2位にランクインでその人気はまだ衰えを見せていない。3位にワンランクダウンとなった映画『大奥』も、動員98万3,075人、興収11億6,732万500円と早くも興収10億円を突破で、こちらも好調だ。そして、軒並み順位を下げている作品の多い今週のランキングの中で、唯一ワンランクアップを果たしたのが、4位にランクインした映画『十三人の刺客』。累計動員96万5,147人、累計興収11億1,796万7,420円で、こちらも興収10億円を突破。作品の出来も良いだけに、じわじわと広がりを見せているようだ。

 続く5位は公開3週目の『君に届け』がワンランクダウンだが、累計動員は82万9,517人、累計興収が9億8,137万8,900円を記録。6位の『バイオハザード IV アフターライフ』は公開5週目にして6位と3ランクダウンとなった。7位は、同じく公開5週目の『悪人』がワンランクダウン。そして8位は公開4週目の累計動員448万7,285人、累計興収が6億6,421万9,000円を記録中の『劇場版 機動戦士ガンダム00 (ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-』がワンランクダウンとになった。9位は映画『ガフールの伝説』が同順位をキープしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 14日
  5. トム&キャメロン『ナイト&デイ』が『海猿』破る!日本版『死刑台のエレベーター』もランクイン!