シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

二宮和也&松山ケンイチ、『GANTZ』撮影はほぼノースタント!いまや時代はノースタント!?

二宮和也&松山ケンイチ、『GANTZ』撮影はほぼノースタント!いまや時代はノースタント!?
ほぼノースタントです!-映画『GANTZ(前編)』より - (C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS

 2011年1月29日と春の2部作として公開される二宮和也、松山ケンイチ主演の映画『GANTZ』で、企画プロデュースを手掛けた佐藤貴博が、公式ツイッターで、主演の二人がほぼノースタントで撮影に挑んでいたことを明かした。同じく2部作で公開される映画『SP』でも、主演の岡田准一はじめ、紅一点の女性SPを演じた真木よう子もノースタントで激しいアクションに挑んでいたことを明かしているが、もはや時代はノースタント!?「グロイ」とも言われるシーンも多く含む奥浩哉の同名漫画の映画化となる本作で、主演の二人がほぼノースタントで撮影に臨んでいたとは驚きだ。

 『GANTZ』公式ツイッターで、佐藤プロデューサーが「アクションは安全面を考えてスタントマンもいますが、ニノ松(二宮と松山の略称)に関してはほぼ本人がやってます。アクションもお芝居の内なので、キャラクターが色濃く反映された動きをしなければならないので。ドラマティックなアクションをお楽しみに!」とツイートした。謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられた、若者の苦悩と究極の選択を体現した本作。肉体を駆使した活劇も期待される本作だけに、二宮と松山がほぼノースタントで撮影に挑んだことには驚かされ、期待も高まる。

 ブルース・リー、ジャッキー・チェン、現在は映画『エクスペンダブルズ』が公開中のシルヴェスター・スタローンをはじめとするノースタントアクションが売りの俳優たちだけでなく、アイドルといわれるジャニーズ俳優たちもがノースタントに挑み始めた映画業界。3Dが台頭していく中で、演技上のアナログな面でも、映画は進化を続けているようだ。今後もさまざまな俳優たちがノースタントで激しいアクションに挑んでいくことが考えられるが、昔は顔が命ともいわれ、大切にされてきた俳優たち。けがだけには気を付けてもらいたいところだ。

映画『GANTZ(前編)』は2011年1月29日、映画『GANTZ(後編)』は2011年春全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 酔拳2 ネタバレ from NAOポンのアラフォー日記 (2010年11月11日 18時17分)
    酔拳2 ネタバレ ジャッキーチェンの映画でとても好きな映画です。 酔拳2のジャッキーチェンの体はすごく鍛えられていて 腹筋パックリです。 ドランクモンキー 酔拳とは全... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 29日
  5. 二宮和也&松山ケンイチ、『GANTZ』撮影はほぼノースタント!いまや時代はノースタント!?