シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ニューヨークで3か月間もホテルで無料滞在!「トゥルーブラッド」のライアン・クワンテンを直撃!(1/2)

ニューヨークで3か月間もホテルで無料滞在!「トゥルーブラッド」のライアン・クワンテンを直撃!
ライアン・クワンテン

 アメリカの人気テレビドラマ「トゥルーブラッド」で注目を浴びているライアン・クワンテンが、主役を演じた新作映画『レッド・ヒル / Red Hill』(原題)について語った。同作は、警官シェーン(ライアン・クワンテン)が妻アリスと共に小さな田舎町「レッド・ヒル」に引っ越してくるが、初日勤務時に凶悪殺人犯ジミー(トム・E・ルイス)が脱獄し、警官たちがパニック陥るというアクション・スリラーで、広大なオーストラリアを背景に描かれた、西部劇的な要素もある作品だ。

 「まず、ウエスタンの要素があることに惹かれたんだ。僕は、かなりのウエスタン作品のファンで、自分のDVDコレクションの半分は、ジョン・ウェイン、クリント・イーストウッド、そしてセルジオ・レオーネ監督作品で埋まっているほどなんだ。僕の演じたキャラクターもシェーン・クーパーという名で、映画『シェーン』と俳優ゲイリー・クーパーを合わせているんだよ。このキャラクターは、過去に間違いを起こしているうえに、普通ウェスタンのキャラクター(主人公)は、どんな環境に置かれても乗り越えようとするが、このシェーンは、どうなるか全く分からないんだ。それに、映画前半でシェーンがすぐに決断したことが、後になって後悔することになるという設定も気に入ったんだ」と出演経緯について語った。

 ライアンは、もともとオーストラリア出身の俳優だったが、今回久し振りに母国で撮影することになったそうだ。「この映画で約8年ぶりにオーストラリアで撮影することになった。どこか不思議な感じだったね。その時まで、『アクション!』の声がかかったらアメリカ英語のアクセントに変えていたからね。ただ、今回はオーストラリアのアクセントに戻す余裕もないほど早い撮影になったんだ。実は、『トゥルーブラッド』の撮影をルイジアナ州で終えた後すぐに、飛行機で13時間かけてシドニーに移動し、それから2時間かけてメルボルンに着き、ようやく最後の目的地ビクトリア州のオメオに7時間もかけてドライブをした。そして着いたらすぐに監督のパトリックに会って、いちばん難しかった感情的なシチュエーションをこなす雨のシーンを撮ったんだ」と述べたが、すぐにオーストラリアの環境に合わせることができたそうだ。

 ライアンにとっての人生のターニング・ポイントは「8年前にテレビ映画『ザ・ジャンクション・ボーイズ / The Junction Boys 』(日本未公開)というフットボールを描いた映画の宣伝でニューヨーク来たときに、5日間滞在する予定で、お金も5日間分ギリギリしか持っていなかったんだ。ところが滞在中に、この映画のエグゼクティブ・プロデューサーから電話があり、良い評価を受けているから、もう少し滞在してみたらどうか?と言われたんだ。お金がないので、(母国に)帰る選択しかないはずだけど、そのとき僕は、これが人生のターニング・ポイントだと思ったんだよ。だから、ホテルのマネージャーを呼んで、周りに人が居ないところで彼に、お金は将来絶対返すから、3か月間物置部屋でも何でも良いから、無料で泊めさせてくれと頼んだんだ」と衝撃の話を告白! だが、この直談判に意外にもOKが出て、そこをベースにライアンは一挙にニューヨークで活動することになったそうだ。ちなみに、ライアンはそれまでオーストラリアのTVシリーズ「ホーム・アンド・アウェイ」で活躍していた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 30日
  5. ニューヨークで3か月間もホテルで無料滞在!「トゥルーブラッド」のライアン・クワンテンを直撃!