シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

フィレンツェ世界遺産の歴史地区日本映画祭開催!豊川悦司主演『必死剣鳥刺し』で開幕!

フィレンツェ世界遺産の歴史地区日本映画祭開催!豊川悦司主演『必死剣鳥刺し』で開幕!
着物パレードの模様−フィレンツェにて

 日本特集が盛況だったイタリア・ローマ国際映画祭に続き、今度はイタリア中部のフィレンツェのフレスコ認定世界遺産の歴史地区で、第2回フィレンツェ日本映画祭が11月10日~14日に開催される。欧州ではアニメなど日本のポップカルチャーがブームとなっているが、世界遺産で味わう日本文化はまた格別の体験となりそうだ。

 同映画祭が一風変わっているのは映画人が立ち上げたイベントではなく、現地在住のオペラ歌手や歴史研究家などによるNPO法人「日本文化協会トカゲ」のメンバーが「欧州人発ではなく、自国の文化を自分たちの手で伝えたい」とトスカーナ州の公式イベントとして昨年からスタート。映画のみならず食やアートなど総合的に紹介しており、昨年は映画『おくりびと』の上映に合わせて、ロケ地となった山形県酒田フィルムコミッションの協力による山形物産展や、着物を着用して市内をそぞろ歩くパフォーマンスを行い、会期中8,000人を動員して盛り上がった。

 今年は、オープニングセレモニーを14世紀初頭に建設されたヴェッキオ宮殿内にある「500人大広間」で行い、豊川悦司主演『必死剣鳥刺し』で幕開け。日本の時代劇ブームを象徴するかのように“サムライ”にスポットを当て、『壬生義士伝』『武士道シックスティーン』の上映のほか、ハリウッド映画『キル・ビル』の殺陣指導を行った島口哲朗率いる殺陣集団「剱伎衆かむゐ」によるパフォーマンス、そして今年も11日に行われる着物パレードでフィレンツェの街を彩る。ちなみに映画の上映は、サントステファノ教会内にスクリーンを設置して行うという、何とも贅沢な時間が味わえそうだ。

 同映画祭事務局長の井谷直義さんは「施設の使用許可をフィレンツェ市に申請にいったところ、『それだけ歴史地区のいろんな場所で行うのなら、ウチと一緒に行いましょう』という話の流れになり、今年はフィレンツェ市が全面バックアップしてくれることになりました。今はまだ予算的にも厳しいものがありますが、いずれは監督や俳優などのゲストを招待し、地元も人たちとの交流の機会を持てるようになりたいですね」と熱く語った。(取材・文:中山治美)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 8日
  5. フィレンツェ世界遺産の歴史地区日本映画祭開催!豊川悦司主演『必死剣鳥刺し』で開幕!