シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「裸のランチ」などビートニク世代の小説家ウィリアム・S・バロウズのドキュメンタリー映画が完成(1/2)

「裸のランチ」などビートニク世代の小説家ウィリアム・S・バロウズのドキュメンタリー映画が完成
ヨニ・ライザー監督

 「裸のランチ」「ソフト・マシーン」などを執筆したビート・ジェネレーションを代表する小説家ウィリアム・S・バロウズを描いたドキュメンタリーが制作され、その新作についてヨニ・ライザー監督が語った。

 同作は、アメリカ文学の一時代を築き上げたビートニク世代のバロウズの貴重な映像や、親しかった友人との会話、さらに彼に影響を受けたパティ・スミス、イギー・ポップ、ガス・ヴァン・サントなどの数多くのアーティストのインタビューが含まれている。さらに映画は、バロウズがドラッグやアルコールに溺れ、妻を過って射殺してしまった悲劇の事件にも触れている。

 ウィリアム・S・バロウズのデビュー作であった「ジャンキー」は、当時のアメリカ文学界で評価されていなかったことについて、ヨニ監督は「彼は、当時自分の体験(ドラッグ依存症であったこと)を基に、パルプノベル(三文小説、大衆小説)のような小説を執筆しようとしていたんだ。それに、その時はお金目当てでもあったから、他の作品と比べて、比較的評価が低いのかもしれないね。ただ、その次に執筆していた『おかま』(書かれたのは1951~53年だが、出版されたのは1985年)は評価が高いんだよ。もちろん、その後に執筆した『裸のランチ』で評価されることになったけれどね」と語り、さらに監督自身が15歳のときに読んだ「裸のランチ」に衝撃を受け、長いリサーチを経て、この映画を製作したことも明かした。

 バロウズは、妻を過って射殺してしまった事件の後に、モロッコのタンジールに住んでいた時期がある。「彼はモロッコに住んでいたときに、最も困難に陥っていたと思う。彼はそこで、全くこれまでとは違った世界に入り込んでいるからね。でもそれがきっかけで、僕は『裸のランチ』という世界を作り上げたと思っている。タンジールは世界的な文化が密集していて、彼にとって、単に現実逃避するだけでなく、文化的な影響も受けていた場所だったはずだ」と教えてくれた。この時期にバロウズは大きな変化を遂げていて、自らもこの時期と妻を射殺してしまった事件がなければ、作家になっていなかったとも語っていた。ちなみに妻の射殺事件とは、当時妻と共にドラッグ依存症だったバロウズが、ウィリアム・テルという勇気試しのゲームで、妻を過って射殺してしまったという事件である。

 彼はゲイではあるが、ゲイ・ライツ・ムーブメントなどに否定的なのはなぜかとの質問に「彼は自分自身がゲイという一つのレッテルを貼られるのことを、何よりも嫌っていたと思う。なぜなら彼は、それ以上のもの(文学的才能)を持ち合わせていたからだ。もちろん、ゲイの文化に与えた影響は大きいけれど、これだけ大きな影響与えていながら、ゲイの活動や運動に否定的なのは、ある意味面白いと思う」と答えた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 「裸のランチ」などビートニク世代の小説家ウィリアム・S・バロウズのドキュメンタリー映画が完成