シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作で1億3,000万円以上の豪華楽屋用トレーラーを使用!

ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作で1億3,000万円以上の豪華楽屋用トレーラーを使用!
さすが映画の主役!スケールの大きさが違います!

 シリーズ最新作映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』の撮影中、ジョニー・デップは1億3,000万円以上する豪華な楽屋トレーラーを使用していたことが明らかになった。

 現在47歳のジョニーは、控え室として当初用意されていたトレーラーに不満を示したところ、予算100万英ポンド(約1億3,170万円)の予算でインテリアデザイナーを雇っていいとの許しを得て、モロッコテイストの豪華な楽屋に大改造したらしい。(1ポンド131.68円計算)

 「ジョニーはプロデューサーと監督から多額の予算をもらうことに成功。インテリアデザイナーに全権を委任したんだ」とある関係者はデイリー・スター紙に語り、高価なアンティークや手編みのじゅうたん、モロッコ風のランプ、クッション、鏡、モザイクタイルなどが運び込まれたという。「スタッフはあまりの予算に驚きを隠せなかったが、ジョニーは映画の主役。ジョニーの希望はすべてかなうんだ」とのこと。

 スタッフも多少は苦々しい思いもあるようだが、ジョニーは自分だけがいい思いをしてはならないと思ったのか、撮影中には約500人のスタッフ全員にレインコートをプレゼント。総額は4万英ポンド(約527万円)だったらしい。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 25日
  5. ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作で1億3,000万円以上の豪華楽屋用トレーラーを使用!