シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

天才子役・芦田愛菜、日本アカデミー賞女優・宮本信子と59歳年の差共演決定!

天才子役・芦田愛菜、日本アカデミー賞女優・宮本信子と59歳年の差共演決定!
時江役・宮本信子と孫娘の亜美役芦田愛菜

 人気作家・有川浩による大ベストセラー小説「阪急電車」の映画化で、すでに中谷美紀、戸田恵梨香の美女二人の出演が決まっているがこのたび、年齢差約59歳という、65歳の宮本信子と、6歳の芦田愛菜の実力派コンビの出演が新たに決まった。

 宮本は曲がったことが大嫌いな老夫人・時江役で、映画出演は2007年の『眉山』以来。そんな宮本は、本作出演への意気込みを「阪急電車と共に人生を歩んできた時江役。地元の方々に共感していただけるよう、全力投球で演じさせていただきます。可愛い愛菜ちゃんとの共演も待ちきれません」と語り、芦田との初共演を楽しみにしている様子。

 また、かわいがるだけではなく、時には厳しい面も見せるお婆ちゃんが大好きな孫娘の亜美役に、大人顔負けの演技力を持つ芦田愛菜が決まった。芦田は映画の地元兵庫の出身で、阪急電車もよく知っているらしく、「大好きな阪急電車にたくさん乗れるのがすごく楽しみです。有名な役者さんたちと一緒に映画に出るのは緊張するけど、あこがれの宮本さんと一緒に頑張ります!」と期待に胸を膨らませていた。

 テレビドラマ「Mother」でお茶の間を泣かせ、以来天才子役と誰もがためらわず呼んだ芦田は、日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞したこともある宮本に、演技を教えてもらおうと楽しみにしているらしい。意外にも地元兵庫出身の芦田から逆に関西弁を宮本に教える機会もあるかも?

 配給の東宝と同じ阪急阪神ホールディングスということで、阪急電鉄は撮影用に列車を走らせ全面協力。映画に出資もしている。撮影は、2010年12月にクランクインし、オール関西ロケで行われる。

映画『阪急電鉄』は2011年初夏公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 海賊版販売の規制をめぐって迷走 from harukingのブログ (2011年2月3日 22時46分)
    リッピングソフトやマジコンなどを含め、実にさまざまな コンテンツが複製され、著作者の権利を侵害しています。一刻も 早い対応が望まれているにもかかわらず、なかなか著作権法は 改正されませんが、この進捗をさらに足止めするかのような 意見が、一般社団法人インターネッ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 海賊版販売の規制をめぐって迷走 from のっぽのっき (2011年2月1日 22時10分)
    リッピングソフトやマジコンなどを含め、実にさまざまなコンテンツが複製され、著作者の権利を侵害しています。一刻も早い対応が望まれているにもかかわらず、なかなか著作権法は改... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 伊丹十三記念館が4周年 from いやなやつはどこにでもいる (2011年1月31日 23時18分)
    映画監督のほか、俳優、デザイナー、エッセイストなど、 マルチな才能を発揮しながらも、平成9年に逝去してしまった 伊丹十三氏を記念した、伊丹十三記念館が今年5月で4周年を 迎えます。記念館では、昨年末から十三氏に関するさまざまな 企画展が催され、往年の伊丹十三ファンが足しげく通う人気 イベントとなっています。 企画展でもとくに注目されているのが、伊丹氏が敬愛して やまなかった父、万作の生い立ちを紹介するコーナー、ほかに 万作氏が描いた絵画や映画のシナリオ、愛用品などを展示する コーナーです。さらに、伊丹氏が ...[外部サイトの続きを読む]
  • 伊丹十三記念館が4周年 from かさねがさね日記 (2011年1月31日 22時49分)
    映画監督のほか、俳優、デザイナー、エッセイストなど、 マルチな才能を発揮しながらも、平成9年に逝去してしまった 伊丹十三氏を記念した、伊丹十三記念館が今年5月で4周年を 迎えます。記念 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 伊丹十三記念館が4周年 from ヤフオク起業道-出品者ノウハウ通信 (2011年1月31日 22時3分)
    映画監督のほか、俳優、デザイナー、エッセイストなど、マルチな才能を発揮しながらも、平成9年に逝去してしまった伊丹十三氏を記念した、伊丹十三記念館が今年5月で4周年を迎えます。記念館では、昨年末から十三氏に関するさまざまな企画展が催され、往年の伊丹十三ファン… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 伊丹十三記念館が4周年 from ヤフオク起業道-出品者ノウハウ通信 (2011年1月31日 14時23分)
    映画監督のほか、俳優、デザイナー、エッセイストなど、マルチな才能を発揮しながらも、平成9年に逝去してしまった伊丹十三氏を記念した、伊丹十三記念館が今年5月で4周年を迎えます。記念館では、昨年末から十三氏に関するさまざまな企画展が催され、往年の伊丹十三ファン… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 29日
  5. 天才子役・芦田愛菜、日本アカデミー賞女優・宮本信子と59歳年の差共演決定!