シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

天才子役の芦田愛菜、生まれて初めての握手会!お年玉の金額聞かれ大人顔負けの見事な対応!

天才子役の芦田愛菜、生まれて初めての握手会!お年玉の金額聞かれ大人顔負けの見事な対応!
「まだ貯金箱の半分も貯まっていません。(貯金箱を振るまねをしながら)チョリンチョリンって感じです」−芦田愛菜

 天才子役の芦田愛菜が16日、「愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ『なんで?』の魔法」(講談社)の刊行記念握手会を行った。本書は才能を見出した事務所社長やマネージャーのコメント、母親の子育てエピソードを交えながら子育て論を紹介する育児応援本で、芦田関連の書籍が発売されるのはこれが初めて。会場となった東京・紀伊国屋書店新宿南店には約500人のファンが集まり、その愛くるしさに癒されていた。

 愛菜ちゃんは2004年、兵庫県に生まれ。昨年、松雪泰子と共演した日本テレビ系ドラマ「Mother」で、子役とは思えない演技力が大きな話題を集めた。その後も映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』『犬とあなたの物語 いぬのえいが』『うさぎドロップ』『のぼうの城』『阪急電車』などに次々出演。第34回日本アカデミー賞では、史上最年少で新人俳優賞を受賞し、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」への出演も決まっている。

 この日は愛菜ちゃんにとって、生まれて初めての握手会。少し恥ずかしそうな表情も見せたが、「頑張ります」と早速プロ根性を発揮。お正月は「おじいちゃんとおばあちゃんの家でゴロゴロしていた」そうで、お年玉ももらったと笑顔を見せた。芸能リポーターから「どのくらいもらったの?」と少々いやらしい質問も飛び出し、関係者が「金額はちょっと……」と苦笑する場面も。当の愛菜ちゃんは「まだ貯金箱の半分も貯まっていません。(貯金箱を振るまねをしながら)チョリンチョリンって感じです」と大人顔負けの見事な対応も披露した。

 将来の夢は「いろんな役を演じられる女優さんになりたいです。それとピアニスト」と愛菜ちゃん。春からは小学生になり「漢字の勉強頑張りたいです」と抱負も語った。

「愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ『なんで?』の魔法」は発売中(税込1.470円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 16日
  5. 天才子役の芦田愛菜、生まれて初めての握手会!お年玉の金額聞かれ大人顔負けの見事な対応!