シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

知的障害の僧侶による即興バンド・ギャーテーズ!その軌跡を追ったドキュメンタリーが公開決定!

知的障害の僧侶による即興バンド・ギャーテーズ!その軌跡を追ったドキュメンタリーが公開決定!
映画『FREAKOUT フリークアウト』キービジュアル

 知的障害の僧侶たちが組んだバンド・ギャーテーズ解散までの軌跡を収めたドキュメンタリー映画『FREAKOUT フリークアウト』が3月5日より公開されることが明らかになった。監督は鬼才・石井輝男監督の愛弟子である矢口将樹が務めている。

 本作の主役となるギャーテーズは、元ロッカーの角田大龍が、1995年に自ら住職を務める静岡県超教派弘願寺の3人の清僧らと組んだ、即興を中心としたアバンギャルド・バンド。清僧というのは知的障害の僧侶であり、その彼らがフロントマンを務めるギャーテーズのライブは、元・裸のラリーズの高橋ヨーカイ、頭脳警察の石塚俊明、フリーキーマシーンの松本ケンゴなど多数のメンバーによって構成された演奏とも相まって大きな話題となった。

 今回のドキュメンタリーでは、2002年、心臓を患った大龍が入院していた3か月に、清僧たちが言い争いをしながらも寺での生活を営んでいく姿から、同年に行われたライブ当日までの日々を記録している。また、大龍の恩師であり、寺の創設者である韓国人、釋弘元(和上)と大龍の確執を描くことで、日韓日朝問題という歴史的出来事の理解についても迫っており、見どころは十分だ。

 ギャーテーズは本作に記録されたライブ前に、大龍が弘願寺を脱退。そのことにより、清僧がメンバーから外れるという事態もあったが、その後、脳性麻痺の詩人・橋本与太郎と知的障害の破壊者・栗田栗蔵の二人をボーカリストとして迎え、活動している。

映画『FREAKOUT フリークアウト』は3月5日より新宿K’s cinemaと渋谷アップリンクにて公開 その後全国順次公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 21日
  5. 知的障害の僧侶による即興バンド・ギャーテーズ!その軌跡を追ったドキュメンタリーが公開決定!