シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジェームズ・キャメロン監督、日本のSF漫画「銃夢」の実写映画化『バトル・エンジェル』を自ら監督を明言

ジェームズ・キャメロン監督、日本のSF漫画「銃夢」の実写映画化『バトル・エンジェル』を自ら監督を明言
自らメガホンを取る? -ジェームズ・キャメロン監督 - Ethan Miller / Getty Images

 映画『アバター』や『ターミネーター』シリーズなどのハリウッドの大作を手掛けてきたジェームズ・キャメロン監督が、木城ゆきと原作のSF漫画「銃夢」の実写化作品『Battle Angel』の監督を、他の監督に譲らずに自分でメガホンを取りたいと主張していることがDarkhorizons.comによって明らかになった。

 これはジェームズ・キャメロンがプロデューサーを務めた新作『サンクタム(原題) / Sanctum』の宣伝で、Collider.comの取材に彼が答えたもので「『Battle Angel』はまだ製作予定だ。僕は次の約5年間は、『アバター』の続編でものすごく忙しいから、この『Battle Angel』については、他の監督に委ねようかと検討したことがあった。だが、僕はこの作品が持つ重厚な世界観が大好きで、誰にも委ねられないと思ったんだよ。おそらく(全9巻の中から)最初の4巻が中心のストーリーになると思う。だから、モーターボールの描かれていた3、4巻と、1、2巻のストーリーが映画に含まれることになるだろう」とコメントを残している。

 「銃夢」は、ガリィと名付けられた全身サイボーグの少女が、「機甲術」と呼ばれるサイバネティクス(通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うとした学問)格闘技術を駆使して、自分の記憶を取り戻すために闘いに身を投じていくというアクション作品。

 あのジェームズ・キャメロンがどんなに時間をかける掛けても、自ら『Battle Angel』を監督したいと思っていることは、日本の同作品のファンにとっても喜ばしいことかもしれない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 原発の攻防:テクノロジーは運命ではない-No Fate from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2011年3月20日 3時7分)
    福島原発をめぐる命をかけた攻防が続いている。まるで「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」のごとく。TSCCシーズン2第2話↓ セラノポイント 原子力発電所をめぐる攻防 もちろん、TSCCはフィクションであり、原発の攻防といってもその種も性質も異なるが、日本人含めた人類の今後がかかっていることに変わりはない。 除染後の放射能検査...サラ・コナーと同じ恐怖に人々は今まさに直面している。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 2日
  5. ジェームズ・キャメロン監督、日本のSF漫画「銃夢」の実写映画化『バトル・エンジェル』を自ら監督を明言