シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

今週の全米映画界はスーパーボウル放映に完敗!興収わずか1,500万ドルの作品がトップに!-2月7日版【全米ボックスオフィス考】(1/3)

今週の全米映画界はスーパーボウル放映に完敗!興収わずか1,500万ドルの作品がトップに!-2月7日版
こちらは今週第2位のジェームス・キャメロン製作総指揮の新作映画『サンクタム』 - (C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 NFLが一番盛り上がるスーパーボウルが行われたこの週末は、アメリカ中がテレビにかじりつき、結果的に全米ボックスオフィスは今週末もスランプを抜け出すことができなかった。

 本来なら、全米第1位などまず不可能な1,500万ドル(約12億7,500万円)という低収益でトップに輝いたのは、新作サイコ・サスペンス映画『ザ・ルームメート(原題) / The Roommate』。2,534館・推定2,800スクリーンで封切られた同作品は、同じく週末に封切られたジェームス・キャメロン製作総指揮の新作映画『サンクタム』に王座を許さず、堂々のナンバーワンとなった。(1ドル85円計算)

 配給のソニー・ピクチャーズは、2001年以来スーパーボウルの週末に全米第1位の映画をリリースする常連スタジオとなっている感があり、2001年の映画『ウェディング・プランナー』、2003年の映画『ダークネス・フォールズ(原題) / The Darkness Falls』、2004年の映画『ユー・ガット・サーブト』、2005年『ブギーマン』、2006年の映画『ストレンジャー・コールズ』、2007年の映画『ゴースト・ハウス』、2010年の映画『ディア・ジョン(原題)/Dear John』、そして今年の『ザ・ルームメート(原題)/The Roommate』と、計8回も同時期の全米チャンピオンに輝いている。なお、スタジオが行った観客調査によると21歳以下の女性客が全体の65パーセントと過半数を占めており、スーパーボウルに興味のない女性達がこの映画の第1位獲得に貢献したものと思われる。

 今週の第2位は、前出の『サンクタム』。2,787館・推定3,300スクリーンで封切られたにもかかわらず興行収入は945万ドル(約8億325万円)というかなりさみしい結果となった。総合売り上げの84パーセントが3D上映館からの収益だったのだが、これまでに封切られた3D作品全体の観点から見ると、散々たたかれた去年の3D映画『ピラニア3D(原題) / Piranha 3D』のデビュー週末売り上げ1,011万ドルにも劣るパフォーマンスを見せており、ジェームス・キャメロンのかかわった歴代の作品はもとより、歴代の3D作品と比較しても去年の3Dアニメ映画『アルファ・アンド・オメガ(原題) / Alpha and Omega』そしてホラー映画『マイ・ソウル・トゥ・テイク(原題) / My Soul to Take』の次に最低なデビュー週末の売り上げ成績を残してしまい、ジェームス・キャメロンのブランドにとってはありがたくない記録を作ってしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 8日
  5. 今週の全米映画界はスーパーボウル放映に完敗!興収わずか1,500万ドルの作品がトップに!-2月7日版