シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エド・ウェストウィック、「ゴシップガール」降板のウワサを否定

エド・ウェストウィック、「ゴシップガール」降板のウワサを否定
降板するつもりはないよ! -エド・ウェストウィック

 テレビドラマ「ゴシップガール」でチャック・バスを演じているエド・ウェストウィックが降板のウワサを否定した。

 エドはタトラー誌のインタビューでチャックというキャラクターもこれ以上掘り下げられないと語ったほか、「ほかのことをやりたい」と言ったため、ファンは降板するとショックを受けていた。しかし、本人は「ゴシップガール」だけでなく、ほかにも仕事もやってみたいという言ったつもりで、降板をするつもりは一切ないという。

 「ちょっと間違って伝わったようだけど、時間を有効に使いたいため、ほかの仕事も受けたいと言ったんだ。『ゴシップガール』では最高の時間を過ごしているよ。いい役をもらっているし、共演者も最高。マンハッタンにも住めるしね」と同ドラマには不満はないことを強調している。一方、新しいシングルを出したばかりのレイトン・ミースターは契約が切れる2年後には降板をすることを公言。グウィネス・パルトローの映画『カントリー・ストロング(原題) / Country Strong』にも出演しており、2年後には映画に歌に忙しくなるかもしれない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 27日
  5. エド・ウェストウィック、「ゴシップガール」降板のウワサを否定