シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

超美人プロデューサーは主演女優!26歳・杉野希妃、手掛けた『歓待』に高い評価!海外オファーも殺到中(1/2)

超美人プロデューサーは主演女優!26歳・杉野希妃、手掛けた『歓待』に高い評価!海外オファーも殺到中
こんなにかわいい顔してやり手のプロデューサー-杉野希妃 - Photo:エドモンド楊 edmund yeo

 第40回ロッテルダム国際映画祭に短編映画『避けられる事』と長編映画『歓待』の2作品で主演とプロデューサーを務めた女優・杉野希妃がこのほど、現地でインタビューに応じた。杉野は韓国留学中にオーディションを受けた韓国のオムニバス映画『まぶしい一日』(2006年8月に日本で公開)の一編『宝島』で女優デビューし、現在26歳。アジアを股にかけて精力的に作品を作り続ける若きプロデューサーに期待が寄せられている。

 杉野がプロデューサー業を始めるきっかけは、篠原哲雄監督『クリアネス』(2008年2月公開)に主演したときだった。同作品のプロデューサー小野光輔が、マレーシアの女性監督ヤスミン・アハマドと合作『ワスレナグサ』の製作を進めていることを耳にする。アハマド監督の映画『ムクシン』を観て才能に惚れ込んでいた杉野は小野に「その企画に参加させて欲しい」と直談判。小野と共に製作会社を設立し、資金集めやロケハンなどに奔走。2008年には釜山国際映画祭の企画マーケットPPP(釜山プロモーション・プラン)にも参加し優秀企画賞も獲得した。

 「もともと映画が好きだったので、自分が出演するか否かは関係なく、自分で企画したいという気持ちがありました。それに今の日本映画は同じテイストのものを繰り返し、量産しているように思えるんです。それよりも才能ある監督たちと、チャレンジングなものを生み出したい」。だがクランクイン3か月前の09年7月25日にアハマド監督が脳卒中で急逝してしまう。杉野のプロデューサー第1作は幻となってしまった。「倒れる直前までメールでやり取りしていたので信じられなくて……ほかの監督で何とか形にしたいと思ってます」

 失意の最中出逢ったのが、今回携わった2人の監督だ。『避けられる事』のシンガポール生まれのマレーシア人エドモンド楊監督とは、2009年の釜山国際映画祭でマレーシアのウー・ミンジン監督(映画『タイガー・ファクトリー』)から紹介されて知り合った。楊監督の短編『Love Suicides−手紙』の詩的な映像表現に惹(ひ)かれたこともあるが、ノリの良い監督のキャラクターもあって、出逢って2か月で撮影したという。

 一方、『歓待』の深田晃司監督は前作『東京人間喜劇』を観て「この人なら日本だけじゃなく、ワールドワイドな作品を作ってくれるかも」と自ら声を掛けたという。『歓待』は当初20分程度の脚本だったが、杉野が「他人同士だけど共に暮らせば家族になれるという普遍的なテーマがあった。短編ではもったいない」と長編にすることを勧めた。そして昨年の東京国際映画祭ある視点部門で見事、作品賞を受賞した。両作品とも質の高さはもちろん、『避けられる事』は、製作費約70万円で撮影期間3日半、『歓待』は製作費1千万円以下で撮影期間に至っては長編ながらわずか8日間と製作体制の手腕もお見事だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 10日
  5. 超美人プロデューサーは主演女優!26歳・杉野希妃、手掛けた『歓待』に高い評価!海外オファーも殺到中