シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

堀北真希、ベルリンでサイン攻めに!かれん&上品美が海外の観客やメディアからも大人気!【第61回ベルリン国際映画祭】

堀北真希、ベルリンでサイン攻めに!かれん&上品美が海外の観客やメディアからも大人気!
第61回ベルリン国際映画祭でサイン攻めにあっている堀北真希 - Sean Gallup / Getty Images

 2月12日(現地時間)、第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で映画『白夜行』が上映され、舞台あいさつのため主演の堀北真希と深川栄洋監督がベルリン入りし、堀北は海外の観客やメディアからも大人気でサイン攻めにあうという一幕があった。

 映画『白夜行』は、本映画祭で一番大きなスクリーン600席のチケットが発売後すぐに完売するほどの大人気。客席は満員状態となった。深川監督と堀北は、ファンやメディアに囲まれ、サイン攻めとカメラのフラッシュ攻めに。この日の堀北はサーモンピンクの肩が大胆に露出したドレスにナマ脚。そのかれんさの中ににじみ出る上品な美しさにヨーロッパの人々も目がくぎ付けだった。

 上映中には泣いている観客の姿も多数みられ、エンドクレジットですでに拍手が起き始め、明るくなった瞬間には拍手喝采に! 深川監督と堀北は二人で自分の席で立ち上がり観客にあいさつをした。また堀北が観客の惜しみない拍手に思わず涙を流す一幕もあった。上映終了後の舞台あいさつでは、「こうして海を越えてベルリンまでやって来たということが、やっと実感できて涙が止まらなくなってしまいました」と観客の拍手喝采(かっさい)に感無量であったことを明かした。

 映画『白夜行』は今まで舞台化やテレビドラマ化されてきた、東野圭吾の人気小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を軸に、19年に及ぶ男女の狂おしい愛情を描く。物語は昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件から展開。結局被疑者死亡のまま解決。だが、当時の担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。数年後、事件の殺人犯と目されていたがガス中毒死した女の娘雪穂(堀北真希)は美しく成長し、一方質屋店主の息子亮司(高良健吾)も事件後は家を出ており……。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 14日
  5. 堀北真希、ベルリンでサイン攻めに!かれん&上品美が海外の観客やメディアからも大人気!