シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダチョウ倶楽部、芸風生かしナレーション、つかみは得意だけど「後半は誰かに任せます」

ダチョウ倶楽部、芸風生かしナレーション、つかみは得意だけど「後半は誰かに任せます」
絶妙な距離が仲良しの秘けつ!-ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵

 週刊少年ジャンプにて連載中の人気マンガ「トリコ」の劇場版『トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!』で、冒頭シーンのナレーションを務めたダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵の3人が、本作の大きなテーマである友情にまつわるエピソードを語った。本作は、主人公のトリコをはじめとするハンターたちが、猛獣や珍獣の捕獲に挑む冒険物語だ。

 冒頭シーンのナレーションという今回の役目について、肥後は「昔からつかみだけはうまかった。最初につかんでおいて、後半は誰かに任せるという芸風ですから」と語るなど、適任だったと考えている様子。寺門は「最初で失敗したら作品全体が変になってしまう。つかみという役割をさせていただいたことがありがたかったし、緊張もしました」とプレッシャーを感じていたことも明かした。一方、上島は「トリコは大人気ですからきっと映画もヒットすると思います。続編を作るときはぜひ声優で挑戦させてください!」と声優出演への新たな野望ものぞかせた。

 冒険を通じて、「仲間」「友情」といったテーマが描かれている「トリコ」。25年以上トリオで活躍しているダチョウ倶楽部は、それぞれコンビ仲を保つ秘けつを、「あまり干渉しないのが一番いい。遠からず近からずの距離を保っておけば仲良くしていられる(寺門)」「誘いを断られたからといってうるさく言わないし、無理に誘ったりしない(上島)」「相手にしない(笑)。そうすれば腹も立たない(肥後)」と明かしてくれた。それぞれ言葉は違えども、絶妙な距離を保ち続けてきたことが仲良しの秘けつのようだ。ダチョウ倶楽部が大きな信頼関係で結ばれていることを明かした寺門の「メンバーを信じているからこそ距離を置いても大丈夫。きずなと縁があるから続けてくることができたのだと思います」という言葉には、メンバーという域を超えた関係の深さがにじみ出ていた。

 そんなダチョウ倶楽部が冒頭シーンのナレーションを務めた『トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!』では、怪鳥・ゲロルドを捕獲してほしいと懇願されたトリコが、壮大なアドベンチャーに身を投じていくさまを、3Dの大迫力映像で描いている。

映画『トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!』は全国公開中(同時上映『ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス』)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 4日
  5. ダチョウ倶楽部、芸風生かしナレーション、つかみは得意だけど「後半は誰かに任せます」